【COFFEE AND CASSETTES】Hei blend(CoffeeBean) × 宮内優里(CassetteTape)

e0108705_18115842.jpg
のら珈琲の店主が主宰する珈琲豆とカセットテープを組み合わせたオリジナルブランド
「COFFEE AND CASSETTES(通称コヒカセ)」より音楽家『宮内優里』とのコラボレーション作品をリリースします

のら珈琲×宮内優里『Hei』(C&C-8)
Hei blend:100g(豆 or 粉) × 宮内優里:カセットテープ = ¥1,500
CassetteTape Art Works : oyasmur

"のら珈琲"店内、または通信販売(https://shop.nora-coffee.com)にて販売しております

▼2018年6月25日より販売開始
"のら珈琲"と"宮内優里"がコラボレーションしたブレンド『Hei blend』を解禁致します。

そして、のら珈琲店主のブランド「COFFEE AND CASSETTES」より珈琲豆とカセットテープを組み合わせたスペシャルセットを販売します。

カセットテープの内容は宮内優里による珈琲を淹れる/飲む時にかけてもらう音楽を収録したコンセプト作品となります。A面にはリズムと共に小気味よく淡々と進む時間、B面にはゆったりとしたリラックスできる時間を表現しました。

タイトルにもなっている「Hei」というのは平凡の平(Hei)
お休みの土日は最高の日があったり最低な日があったり振れ幅が大きいもの。
でも日常はなるべく浮き沈みなく生活したい。
僕らは知らず知らずに△を◯にしてあげるような作業を毎日繰り返しているのかもしれない。
そこに共感した二人はその作業のひとつが「珈琲」なのではないかと考えました。
フルーティで紅茶のような昨今流行の珈琲、または極限までに深煎りした目が覚めるような珈琲。
どちらも違うなーと。
日常に求められる珈琲とはなにか?それはきっと何にも特化していない中間的ブレンドなのではないか。
それをヒントに珈琲大国ブラジルの品種を片っ端から買い集めカップリングする日々を過ごしました。
そして厳選して選んだブラジルに一風変わっているけれど味をキュッとまとめてくれるパプアニューギニアをチョイス。
「あ、いいかも」そんな感じで普通に美味しいと思えたので完成としました。
普通で個性に欠ける、でも毎日飲みたいオリジナルブレンド。
凹んだ気持ちを凸にはできないけれど、◯くすることはできるかもしれない。
愛せよ平凡!

e0108705_18323596.jpg
▼宮内優里
作曲家/音楽家。1983年生まれ。千葉県八街市在住。これまでに6枚のアルバムをRallye Labelよりリリース。生楽器の演奏とプログラミングを織り交ぜた、有機的な電子音楽の制作を得意とする。アルバムではこれまでに、高橋幸宏、原田知世、小山田圭吾、星野源、It’s a Musical、GUTHERなど、国内外問わず様々なアーティストとのコラボレーション作品を収録。ライブでは様々な楽器の音をたった一人でその場で多重録音していく”音の実験室”ともいうべき空間を表現する。FUJI ROCK FESTIVAL、WORLD HAPPINESSなど、各種フェスなどにも出演。自身の活動以外では、映画「リトル・フォレスト」(監督:森淳一/主演:橋本愛)や 「グッド・ストライプス」(監督:岨手由貴子/主演:菊池亜希子、中島歩)などの映画音楽をはじめ、NHK・Eテレなどのテレビ番組、舞台・ドラマ・CMでの音楽制作・楽曲提供や、国内外のアーティストのプロデュース、リミックスなど、活動の幅を広げている。2016年11月、sphontikと背景のための音楽研究室「BGM LAB.」を開室。
http://www.miyauchiyuri.com/
http://www.bgmlab.com/






e0108705_22433281.jpg
COFFEE AND CASSETTES(コーヒーアンドカセッツ)
2007年に山形でインディーズ音楽レーベルZOMBIE FOREVERを立ち上げ現在秋田で"のら珈琲"を経営しながらカセットテープをメインに全国各地のアーティスト/バンドをリリースし続けている森幸司が2016年に始めた自家焙煎珈琲とカセットテープを販売するmagnet。過剰な趣味として日々研究していた珈琲を子供の頃から大好きだったカセットテープと一緒にした理由は一本の映画『COFFEE AND CIGARETTES』に憧れたから。カフェで珈琲と煙草を吸いながら思い思いに話をしているだけの映画だけど、そこには人間交差点とも言える巧妙な”やりとり”を垣間見ることができる。それはまるでカセットテープを聴く行為そのもの。ひとりの人間と向き合うように音楽としっかり対峙できる時間をわざわざ作ること。Skypeの物理的距離感を無視した待遇方法も、iPhoneで音楽を次から次へとシャッフルして聴く便利さもそこには存在しない。だからこそ今が誰にとっても大切で愛おしい時間なんだと認識することができる。コーヒーとカセットテープはそんな現代に小石をぶつける国宝級の交際手段(コミュニケーションツール)なのだ。

# by mori-koji | 2018-06-19 18:32 | COFFEE AND CASSETTES

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る

▼TOP