<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

[Qurage] コウサカワタル東北ツアー2010 <いわき編>

コウサカワタルさんとの東北ツアーの思い出も遂に最終回です。三日間の東北ツアーというのも初めての体験で大変だった部分もありましたがライブ終了後のお客さんの笑顔で掻き消されました。本当にそれに尽きました。関わってくれた沢山の方々、本当にありがとうございました。
e0108705_22401060.jpg

とりえず、大声で言えることは『いわき最高!』である。そして『バロウズ最高!』である。去年グーミと一緒に初めて演奏した"いわき"という地、"バロウズ"という場所。これが本当に最高で僕もグーミもその後話題にでないことがなかった。以前より交流のある『あぶらすまし』の村上夫妻に今回も企画をお願いした。嬉しいことにいつだって二つ返事でOKしてくれる。コウサカさんとのツアーが決まったときも村上さんに即電話したのを覚えている。いわきは民族楽器に強そうだし(勝手なイメージ)何よりバロウズの雰囲気にぴったしだと思ったからだ。移動の車中では飽きる事無く2日前の山口(FRIDAYZ)の話をしたりした。到着するなりコウサカさんも気に入った様子。もう雰囲気はこのうえないくらいぴったしかんかん。バロウズのオーナー、村上夫妻、あぶらすましに挨拶しコウサカさんのリハーサルがスタート。

あぶらすましのギターボーカル、ソニックの店長でもあるミカタさんが入念にマイクの位置を調整してくれた。あの熱心な姿を見るだけで感動してしまう。なかなか音がハウってしまい大変だったがバッチリきまって恒例の中華料理屋へ。これまた量が多くて美味い。酢豚とナスの炒めものをシェアして満腹。バロウズへ戻りリハーサルを見ながらゆったり。この三日間基本ゆったり過ごせてることに気付く。自分の企画じゃないのが大きいが東北っていうのも大きいような気がする。東京で演奏するときはなんだかんだ焦ることが多い。景色の違い?そんなことを考えてつつ押すことなくオープン。

前に見てCDを買ってくれた人も沢山来てくれた。もちろん覚えてまっせってことでCDにサインも書かせてもらったり話をしたり。アウェイ感が全くないのが嬉しい。Qurageはなんと、、トリ。なぜッ!(村上さんのニヤっと笑った顔が浮かぶ。。。)そしてデジカメの電源が切れた。。。

最初は主催の「あぶらすまし」。ZOMBIE BOOK 2010の森盤にも収録させてもらう「帰り路」をやったときウルっときたわー。レーベルの特権として何回も何回も聴いてるから尚更。ライブは更に最高で100%の100%で入り込んできたわけで大満足。やっぱあぶらすまし最高。いわきにあぶらすましあり。写真を撮れなくて残念。

そして郡山の「心のスピーカーズ」さん。バスドラとハットとエレキギターとシンセと小物を同時に操る奇人だった。是非とも次はSUPER IIでも共演したい。福島にもいいミュージシャンが沢山いる。知った気してたけどまだまだ謎の土地だわ。5秒で終わる「チャン ドン ゴン」は名曲。

そして我らがコウサカさん。バロウズの空気が一気に変わるのがわかった。もう何回も言うけどサロードかっけー。そうそうコウサカさんは爪が固いらしい。爪が固くないとサロードとか絶対無理らしく「産まれつき固くてよかったー」って言ってた。今回も滝にでも打たれているかのような、楽な修行のような、気持ちいい緊張が走る。もうこの日で最後かと思うと流石にクルものがあった。光栄極まりない。なんで俺が一緒にまわらせてもらってんだろって何回も思ったわけで精進あるのみ。しかしながら企画者様達のおかげで沢山の人が熱狂(ゆるやかな)してくれたと思う。それはQurageとしても同じことなので本当に貴重な機会をいただいたのだ。感謝しかない。最終日もまた最高の演奏で終了。コウサカさんが光ってみえた。

e0108705_22224399.jpg

そして次が「miwa&mura」さん。これが相当ツボった。すんごくいい。まずmiwaさんのストレートなボーカルが超魅力的。メロディーも歌詞も気持ちいい。それで更にヤバいのが隣のmuraさん。もうおじさんなんだけど激渋なギターを弾きまくる。そんでもってビール飲みまくり。テクニックが凄いのは皆了解済みで、一番凄いのは女体を抱くようなフィーリング(村上玲子さん命名)。あれは本気ですげー。もう会場全体が笑ってるんだけど半分はすげーっていう笑いなわけ。それって本当に凄いこと。コウサカさんも「あんな人いない!」「ヤバ過ぎる!」って連呼してたわけで本当に素晴らしいミュージシャンです。要チェックっていうか体験するべきだ。いわき恐るべし。これは撮らねばってことで携帯で撮った。

そしてそのあとがQurageなわけで村上さんから「やりづらいっしょ!ぬほほほ」と意味深な嫌がらせを受ける。で俺も「こんな山ならいくつも越えてきた」と強気にでる。そんなことより「miwa&mura」さんに最高でしたと伝えた。これは空気変えねばと思い最近ボーカルマイクに付けているIKEAの赤いライトだけにしてもらった。完全なるホラー、稲川淳二みたいだった。あまり覚えていないが新曲を中心にノーMCでバババっとプレイ。最後アンコールをいただきお馴染みのユーミンのひこうき雲をやって終了。そして悪い癖で「いわき愛」と「あぶらすまし愛」を延々しゃべる。迷惑だなー俺。

物販もたくさん買ってもらった。前回Tokyo Long Letterを買ってくれた人がLIVE盤(森の中の優しい鬼forever)を買っていってくれる流れが凄く嬉しい。ディストロをチェックしてくれる人もいた。田舎はレコ屋がないからディストロは大事だと思う。直接説明することで興味を持ってもらえたら僕らも嬉しい。単純にプッシュしたいからやらせてもらってるわけで面倒だとかいう感情が一切ない。もし気になる方は僕がライブするときは持って行ってるのでチェックしてみてください。今回のツアーでは静岡の『tatami』が激売れだった。ジャケ内容共にゾンフォーでも激プッシュ中。

e0108705_2231346.jpg

最後は全員じゃなく周辺にいる人達で記念撮影。なんかね、写真って撮るべきなんだなって最近思う。この写真が残ってるのと残ってないのとでは全然違うよね。なので面倒臭がらず、恥ずかしがらず積極的に撮っていこうと、思い、ます。

e0108705_22341182.jpg

そして最後にビックリするぐらい糞似合ってない「サロード森」。本当にサロードに申し訳ないっすね〜。コウサカさんにも胡散臭いって言われたし(笑)ってことで『いわき最高!』っていう〆で〆。

e0108705_22404816.jpg

あーまだ終わってない。肝心な打ち上げ。いわきはメヒカリっていう魚が有名らしく刺身を出してくれるそうで(村上さんが手配してくれたそう"感謝!")コウサカさんと激アガリ。そのメヒカリだけど最高に美味かったー。刺身はもちろん唐揚げが絶品。写真がないけど絶品間違いなし。いわき行ったら『メヒカリ』ですぞ。要チェック。日本酒もうまかったな〜。ちょうど席がムラシゲさん(muraさん)の隣で光栄にも「くらげちゃ〜ん」と呼ばれ人間のあるべき姿をクラゲに照らし合わせ、最終的に生態系について熱弁を交わし終了。なんていい人なんだムラシゲさん!しかも仕事は大工!最高だ!ムラシゲさん!師匠!ってことで『いわき最高!』〆。

※そうそう4/24(たぶん)に米沢に『miwa & mura』さんがくるから山形の皆は要チェックですぞ。あ、namemeも出るぞ!
by mori-koji | 2010-03-30 22:36 | QURAGE関連記事

[Qurage] コウサカワタル東北ツアー2010 <仙台編>

鶴岡編から結構間が空いてしまった。遅くなりましたが仙台編です。
e0108705_19402647.jpg

コウサカさんを迎えに旅館へ。大分すっきりした表情に安心した。おばちゃん達も気さくに話しかけてくれて凄くいい旅館だった。そして出発早々おもいっきり道を間違えた。無事ナビに乗っかると山口(FRIDAYZ)の話をしたり鶴岡の話をしたりして仙台へ。

やはり仙台と言えば牛タンだろうってことで利久へ。道に自信がないためナビに利久といれて進んでみるも予想通り違う利久へ。確認のため開けてみるとマスターに睨まれた。なぜッ。しっかりとした利久へ無事に到着。段取り悪いな俺!あと一年は牛タンはってくらい食べた。定食の全部に牛タンが入っていてアナサロと京都で食った湯葉定食のようだった。あれももう5年は湯葉は大丈夫っすって感じだった。

時間もちょうどいいのでグリーンカフェレコーズへ。一番乗り。店内でゆっくりする。かなりゆったりできて寝てしまいそうだった。主催者のチェリーミュージックの奥山さん、東京の川口さん、韓国のJinさん、同行しているカメラマンさん(打ち上げで話をしたら今ECDの映像と撮っているとか)が到着。挨拶をしてリハーサルといきたかったところだが肝心のスピーカーがない。実は去年コンパクトなPAセットをゾンフォー用に購入した。会場には機材がないためそれを使うことになっていて鈴木君が持ってくる担当だった。しかし、鈴木がこない!流石に焦り電話したら事故があって渋滞に巻き込まれているとのこと。チーンってことでスピーカーなしでリハーサル。川口さんはスピーカーを使わないもののJinさんとコウサカさんには迷惑をかけてしまった。

鈴木君が到着し時間も微妙なのでQurageの点プロジェクトのリハーサルへ。鈴木君が演奏で使う旗を作ってきてくれた(必殺の丸投げ)その日は僕、長谷部君、鈴木君の三人。なかなか打ち合わせができなかったため入念(?)なリハーサル兼打ち合わせ。意見もまとまり本番を待つことに。鈴木君と長谷部君と山形弁で話してるのがなぜか安心した。奥山さんもおもいっきりなまってるし仙台なのに山形率高し。ってか仙台の人ひとりもいなかったってことに打ち上げで気付いた。この時点でも凄いイベントだ。時間を押す事なく本番へ。

e0108705_2051020.jpg

Qurageの新たな試み『点』プロジェクトはなんとか形になった。気がする。簡単に説明すると3色(人数分)の旗を使い、それぞれ色が分担される。変わり代わり指揮をとり、その色の旗があがっている人が演奏をする。下がったら余韻を残すことなく演奏を辞める。それを最後まで続けて流れをつくる。それを今回Qurageの曲で実験的にやった。緻密で即興的にやっていけたら面白いと思う。思いつきは大事だね。映像にしたのでボツでなければアップします。写真はもちろんないっす。長谷部君と鈴木君、ありがとうー。またやっべっす。

e0108705_212932100.jpg

そして楽しみにしていた東京の川口さん。回転するCDにペンライトをあてて光を生み出すっていう安易な説明では申し訳ないくらい素晴らしい光。クーラーやPAシステムの音も切り無音の状態でカタカタとまわる音だけが小さく響く。このシーンはほとんど無知に近いがもっと沢山の人に見てもらいたいと思った。理解とかではなく感覚としてでも本当に素晴らしかった。単純に、人それぞれ費やす労力が違うのだ。作品への愛情を凄く感じた。次の韓国のJinさんはハードディスクを剥き出しにしてそれを動かして出力し音を出していた。これがまた面白かった。ブレイクコア並の高揚感でメトロイド(小松君)を見てるような気分。ミキサーのイコライジングをまわすたびに変わる音をずっと聴いていると眠れるくらい気持ちよかった。最後は川口さんとJinさんが一緒に演奏した。演奏したというよりはもくもくと作品をつくると言ったほうがしっくりくるかもしれない。本当に見れてよかった。また見たい。

e0108705_2145231.jpg

e0108705_21514239.jpg

最後は我らがコウサカさん。グリーンカフェの雰囲気もまた似合う。奏でた瞬間その色になってしまうのが凄い。なんかサロードって武器みたいだよね。接近して見るたびに発見がある。そして馬鹿みたいな表現だけど「かっけー」。今回のイベントはゆったりまったりとしているだけにステレオ三線がフィナーレにゆっくり導いていくようで気持ちよかった。見ているときボヤっと二回目なのに明日で最後かと悲しくなった。そして打ち上げで飲めないことを思うと更に悲しくなった。この日もまた最高だった。

共同企画として参加させてもらったイベントだったがとても面白かった。改めて考えさせられることが多かった。奥山さんに超感謝。貢献できなかった部分が多々ありますが、また機会をつくり一緒に企画させてもらいたいです。山形にチェリーミュージックっていうヤバいレーベルがひっそりと存在していること、要要要要要チェックです要。

http://cherrymusic.info/index.html
by mori-koji | 2010-03-29 22:00 | QURAGE関連記事

[mixi] ゾンフォーコミュ200人記念特集

e0108705_2115292.jpg

mixiのZOMBIE FOREVERのコミュニティに入ってくださっている皆さん、いつもチェックしてくださりありがとうございます。最近はツイッターツイッターとつぶやいてばかりの世の中ですが(自分もっす)mixiでも機能を生かして面白いことをやっていこうと思います!

全然面白くないかもしれませんが、ゾンフォーの森と鈴木が好きなものを200個紹介します(もはや荒行)ジャンルもへったくれもなくただただ「好き」なものを200(森/100、鈴木/100)。なのでコミュニティの書き込みが200になるまで続けます。

実験的にこういったことをちょくちょくやっていこうと思います!

以下、鈴木のコピペですが詳細です。



ZOMBIE FOREVERってご存知ですか???

はい、2007年9月11日に東京&山形在住の森幸司&鈴木聖和によって立ち上げられたインディーレーベルの事ですよ。
発足後してから3年も経ちました。
おかげさまでCDもリリースさせてもらう事もできました。
数々企画も各地でさせて頂く事もできました。

そしておかげさまで、このmixi内のZOMBIE FOREVERのコミュへ参加して頂いている方ももうすぐ200人に達そうとしています。
現在参加して下さっている方には本当に感謝です。
どもす。

そこで、我々ZOMBIE FOREVERの森&鈴木による感謝の気持ちを込め、半ば嫌がらせかの様に、参加者が200名を越えた地点で投下される企画を先程会議で決めました。

題して
『ZOMBIE FOREVER コミュニティー 参加者 200人記念特集』
******森と鈴木の好きなもの200*******


200人目の参加者に景品を進呈!的な大判振る舞いなんかは我々はしません。
参加者が200人と言うのにあやかって、森100、鈴木100の超個人的見解による好きなものを只ひたすらあげていくと言う、24時間テレビのマラソン並みに耐久性を要する企画であります。

只ひたすら、コミュ内の特設トピックにランダムにあげて行きます。

もしZOMBIE FOREVERに興味があって、まだコミュに参加していないぜ!
という方がいましたら、この機会に参加して頂ければと思います。
200人越えたのを確認後にこの企画が発動します。

どうぞ宜しくお願い致します。

ZOMBIE FOREVERコミュニティー
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2596111
by mori-koji | 2010-03-26 02:12

[Qurage] コウサカワタル東北ツアー2010 <鶴岡編>

沖縄在住のコウサカワタルさんとの東北ツアーが終わってしまった。本当にあっという間だった。沖縄でのレコ発をsyo yoshihama君が主催してくれた時、共演したのがきっかけ。そのとき沖縄の話や台湾の話やインディペンデントの話を沢山して仲良くなった。東北をまわりたいと声をかけてくれたのがきっかけで光栄なことに一緒にまわらせてもらえることになった。

今回のブログはどうやってツアーを組んだりしているかってことを自分より若い子からよく相談されるので凄く簡単にだけど自分なりの方法を細かく書きます。まずは東北のどこをまわるかを調査。バンドではなく、インド楽器のサロードや三線が似合う場所でなければならない。そして大事なのは三線に電気を通すこと(ステレオ三線)なのでスピーカーや電源も必要。まずこの条件を考えるとライブハウスでは厳しい。だとカフェ、ギャラリー、フリースペースを調査する。そしてお世話になっているバンドの人やオーガナイザーに相談する。今回、鶴岡はマルチ放電、仙台はチェリーミュージック(from 山形)、いわきは"あぶらすまし"。いつも仲が良くて一緒にやっているバンドも勿論誘いたいのだけど全体の雰囲気を考えると共演が難しかったりすることもある。そんなこんなを具体的に仮プランとして紙に書いたりする(片隅にはクソネコもちゃっかり)そんで片っ端から電話で相談するという流れ。

今回は有り難いことに仮プランがスムーズに通ったツアーだった。相談を持ちかけるときは顔見知りでも緊張する。失礼のないようにと。組んでもらうってことはお願いする側にお金もかかるってこと。組むことは企画するのが好きだったり地元の活性化とかを別にして労力ってのがすこぶるかかる。だから本当に有り難いこと。だから最低限、できるだけイベントの告知まわり、オーガナイザーの紹介、出演バンドをブログやHPで紹介する。そんな準備期間を経ている。だから楽しいイベントになったときは本当に嬉しいし頭があがらない。自分で組む時も同じ。最終的に色々あっても互いのありがとうで成り立つものだと思っている。そして打ち上げに出れたらドカーンと締めてハグ&レスポンス。これ大事。もちろんこんなこと言っても自分は情けない部分が多過ぎる。たまに笑って「われーす!(ごめんなさい!)」で済ませようとする悪い癖がある。これ反省。われーす!

e0108705_10203716.jpg

と、いうことで初日は山形県は鶴岡市。前の日に秋田で演奏していたコウサカさんと駅で待ち合わせ。前回の沖縄ツアー(沖縄芸祭に呼んでもらったとき)では会えなかったので久しぶりの再会。すげー緊張。早速爽やかに挨拶してくれて不安が吹っ飛ぶ。本当にいい人だ。車にサロードを積み出発。まずは予約してある温泉宿にチャックインしに行く事に。その宿はFRIDAYZの山口君が教えてくれた。共演じゃなくてもサポートしてくれる山口は本当に最高。キモイけど最高。入った瞬間いい宿だなーと思った。コウサカさんも満足してくれたようで何よりだった。山口にサンキュー。キモイけどサンキュー。

そして会場となる"なんだ屋"へ。実は初めて行く。中に入ると主催してくれるマルチ放電のなっちゃんに挨拶。相変わらずのナイス女子。CEOの吉田さんにも再会し中古楽器が見て回った。可愛い謎の楽器が多数。コウサカさんも興味津々。なんだ屋、謎過ぎて最高。今回のために特設ステージを作ってくれていた。もろに手作りなDIYスペース。すげー感動した。インドの神様(あれなに?象?)みたいな幕もあって超サロード仕様で吃驚。粋だなー。んでコウサカさんと「うおっ」って喜んだのがフライヤーの拡大コピー。何気ないポスターに更に感動。リトルワンダーの成田さんとも久しぶりに再会。成田さんは昔Qurageでアナログシンセとか弾いてくれてた人。今は仙台在住。リハーサルの前に紹介してもらった"滝太郎"ってとこで海鮮定食を食べることに。これが超がつくほど新鮮でうまかった。庄内は違うなー。大満足でなんだ屋に戻りリハーサル。

サロードとも再会。半端ねー。もうボワーッと共鳴の嵐。マイクの位置を調整してハウリを消しながらベストに近づける。そんでステレオ三線の登場。これは沖縄で共演したとき使ってなかったので初。これまた激衝撃。ってか綺麗にディレイかかってるのが吃驚。ディレイは一般的でもかかり具合が絶妙で鍛え上げてる感じ。想像以上にトリップ。Qurageのリハーサルも問題なくやりやすかった。なんだ屋のスペースはできたばっかりだから音が馴染まないところもあるけど凄くいい。

本番。マルチ放電からスタート。この『マルチ放電』は告知にも書いたけど今最も注目している山形のバンド。なんてったって機材オタのなっちゃんの声が凄くいい。そんでベースもギターもドラムも派手さがなくて凄くいい。エフェクターの音色も効果的で凄くいい。いやー本当凄くいい。ZOMBIE BOOK 2010の森盤にも『Boy Can't Meet Girl』って曲で参加が決まってて、リアルタイムで聴きまくってるその曲をやったときには激しく「いますぐ金がほしい!」って思ったよ俺。地元で細々と活動しながらも沢山の人に聴いてもらいたい。大好きだなーマル放!

そんで相当久しぶりに見るリトルワンダー成田氏。もはやサイババな風貌からネジが緩んだポップを総出力。MPCのトラックも面白くてよかった。成田さんって絶対日本人じゃないよね。たぶんサイババだよ。頭振ってるとき粉見えたし。山形のSSWが極少なんで帰ってきてほしいです。また一緒にやりたい。

んでQurageの出番(写真撮ってた方ください!)カセットMTRがようやく慣れてきた。頭出しを考えて曲順を練り直す。前回のツアーはことごとく失敗したが反省を生かしスムーズにできた。ラヴレターの普通メロのときになぜか一弦が切れて焦った。なぜッ。急遽成田さんのギターをかりて二曲を演奏(ありがとうございました)謎のハプニングも打たれ強くなったのか普通に対応できた。頭の右上をダダダダッと階段を登る音がしてトイダブシステムと自然にシンクロする部分があって奇跡が起きたりもした。久しぶりの鶴岡、凄く真剣に聴いてくれて嬉しかった。

トリはコウサカさん。自分を含めサロードに全員夢中。さっきと目の輝きが違うじゃないか若者よ。演奏がいつのまにかサッと始まるとそこはもうコウサカワールド。なんかそこにいるだけで凄く体に良さそう。見た人わかっぺ?もうふにゃふにゃだけど集中できてる感じが初めての感覚だった。ステレオ三線で会場が動きだしたのがわかった。絶妙なディレイタイムに完全トリップ。口琴(4枚の)で笑いを誘うのも流石の一言。口琴も物販で販売してるから説得力あり。一日目にして拝むように魅入ってしまった。残り2日も演奏を間近で見れると思っただけで幸せな気持ちでいっぱいだった。

コウサカさんと山口(FRIDAYZ)が仲良くなってて笑ったー。コウサカさんが山口の言った「俺、音楽なんでも聴くっすから。垣根ねっす。」をずーっとマネしてて滅茶苦茶笑った。実はツアー最終日の別れ際もその名言で別れたっていう。山口はなんつーか本当愛されてるよね。まじで垣根ねっす。ケンタ君も駆けつけてくれて嬉しかったなー。庄内最高。これからの招聘ツアーマスト地域にしていきたいです。聴きにきてくれた沢山のお客さん、主催のマルチ放電、なんだ屋、本当にありがとうございました。仕切ってくれたなっちゃんまじでサンキュー!!!!


垣根ねっす(by 山口FRIDAYZ)
e0108705_12295584.jpg
by mori-koji | 2010-03-24 12:29 | QURAGE関連記事

[Qurage] コウサカワタル東北ツアー2010 with Qurage

e0108705_23311084.jpg

『コウサカワタル 東北ツアー2010 with Qurage in 山形』
supported by ZOMBIE FOREVER

▼3/19(fri)@山形/鶴岡 / なんだ屋
supported by マルチ放電のなっちゃん

なんだ屋1Fスペース
19:00open 19:30start.
¥500

Qurage(山形)/ コウサカワタル(沖縄)
リトルワンダー(仙台) / マルチ放電(鶴岡)





まずここをクリック!(not詐欺!)沖縄からコウサカワタル氏を呼んでの東北三日間ツアーが19日より始まります。私Qurageが全公演ご一緒させていただきます。まず19日は地元鶴岡を中心に地道でスローな活動をしている森が今山形で最も注目しているバンド『マルチ放電』が企画を組んでくれます!鶴岡のカルト基地「なんだ屋」でのアクトはかなり貴重。チケットも激安&破格なのでプラっとお集りください!庄内の皆さんよろしくお願いします!



『コウサカワタル 東北ツアー2010 with Qurage in 仙台』
supported by ZOMBIE FOREVER

▼3/20(sat)@宮城/仙台 / グリーンカフェレコーズ
『細道 in 仙台』
supported by ZOMBIE FOREVER & CherryMusic

open pm 6:30 start pm 7:00
ticket¥2.000

Jin Sangtae(韓国)コウサカワタル(沖縄)
川口貴大(東京)点(ZOMBIE FOREVER)


そしてもう一回ここをクリック!(not詐欺!)以前にもゾンフォー企画をさせてもらった仙台の隠れスピリチュアルなナイスカフェ『グリーンカフェレコーズ』にコウサカワタルさんが登場!なんと仙台公演は山形で即興/アンビエント/フィールドレコーディング等のアーティストをリリースしている『cherry music』との共同企画。これは本当に豪華!まずチェリーサイドから韓国から『Jin Sangtae』と東京から『川口貴大』がやってきます。そして我々はゾンフォーの新プロジェクト『点(ZOMBIE FOREVER)』で挑みます!『点』はQurage、hokousya、cooking for you and more...が合体したプロジェクト!プロフィールは「我らフリースタイルよと思いきや予め仕組まれた完全なる『奴隷』であることに気付く。『点』が集結しても『線』にはなれず労働者は今日もひたすらな汗を流すのだ。」という感じで旗をあげたりさげたりして即興中心に地獄絵図を繰り広げます!僕は旗があがればちゃんと唄います。






▼3/21(sun)@福島/いわき『バロウズ』
『再会 11』
supported by あぶらすまし

OPEN17:30/START18:00
前売り1500円+D/当日2000円+D(ドリンク代は500円 )

Qurage(山形)コウサカワタル(沖縄)心のスピーカーズ(郡山)藤野恵美(郡山)
あぶらすまし(いわき)miwa&mura(いわき)


そして最後にもう一回ここをクリック!(not詐欺!)いわきは昨年グーミと共にツアーに行ってナンバーワンだったと言っても過言ではないほど穴場だった土地です!それもそのはず『あぶらすまし』という妖怪バンドがいるからでして、メンバーでもあり以前より親交の深いムラ噛ミ夫妻に企画をお願いしました!”あぶらすまし”は人情深くて流行とか一蹴りしてしまってる珍しいバンドです。僕は高田渡爺さんとボーカルのミカタさんが何だか被ってしまって泣けてきます。なんといっても物凄く人があったかい土地なのです"iwaki"!そしてバロウズという超ナイスなお店は東北の最重要スペースになること間違いなしです!とにかく"いわき"最高!ってのを今年沢山の人に伝えたい!だからちょっと離れていても是非足を運んでもらいたいです。いわきバロウズはゾンフォー招聘シリーズマスト地域です!




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

コウサカワタル(from 沖縄)

北海道生まれ。沖縄、埼玉、シンガポール、台湾育ち。三線、サロード(25本の金属絃を持つインド楽器)等の伝統楽器を自由な解釈で扱い、古今東西、様々な文化、様式から得たインスピレーションで表現。沖縄を拠点に日本各地、台湾、ロンドン、ベルリン等のカフェやギャラリー、プラネタリウムといった魅力的な会場で演奏を重ねる。

http://www.myspace.com/watarukousaka


Qurage(from 山形)

ZOMBIE FOREVERを主宰するmokkoによるソロプロジェクト。2004年「YAMAGATA UNDERGROUND ORIGINAL FREE FOLK」を掲げ活動を開始。『うた』と『フォークギター』に『TOY DUB(トイダブ)』を重ね合わせたバックサウンドを取り入れ変幻自在に形を変える。USインディーを中心に海外アーティストとも数多く共演するなど、すべて日本語ながらもワールドワイドな活動をしている。

http://www.myspace.com/qurage

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

是非お近くの方は足を運んでもらいたいです!
コウサカさんは海外でも活躍されている方ですが東北ツアーは初なのです!
この貴重な機会をお見逃しなく!
よろしくお願いします〜

チケット予約(公演日/お名前/枚数/連絡先を明記でお願いします)
info[at]zombie-forever.com([at]を@にして送信してください)
http://www.zombie-forever.com/
by mori-koji | 2010-03-16 00:28 | QURAGE関連記事

[Qurage] 水戸ツアー終了

お決まりのラーメンネタ(匠家/ハリハリ(水菜)トッピングVer.)からの水戸レポート。
e0108705_1831243.jpg


水戸90eastはちょい悪パンクスが酒を朝まで飲み明かすようなバーで雰囲気が渋かった。色んなポスターが貼られてた。
e0108705_18333436.jpg

e0108705_183526.jpg

e0108705_18353952.jpg


キャパとか雰囲気は酒田フレーバーと激似(おばちゃんはいないけど)音は第二公園スタジオそのままな感じ。つまりやりやすかったわけで何の問題もない。主催のサカイ君と久しぶりの再会。なんか「遠くから本当にありがとうございます!」って10回くらい言われて、それだけでも本当に来てよかったと思えた。なんでも約10バンド中サカイ君参加のバンドが3つあるとかで主催の醍醐味だね。サカイ君がドラムを務める『No No No』はphewさんを感じさせる女性ボーカルで格好いい。

e0108705_18454697.jpg

リハが終わってラーメン屋に案内してもらい時間があったので水戸探索。といってもcirceと二回も来ているため大体は行ったような気がする。駅前をぶらぶらしてタリーズで珈琲飲んで考え事して戻った。ビビリが生じて撮り損ねたが暴走族が真っ昼間からボワンボワンうるさかった。やっぱヤンキー多いの?

e0108705_18511796.jpg

ちょっと疲れて30分車で寝て90eastへ戻った。出演者だけでバーの半分が埋まってる。そしてとてつもなくアウェイ(あたりまえ)物販を置いて隅で寛ぐ。DOLLが置いてあったので熟読。イアンマッケイのインタビューがあった。興味深かったのはライブハウスのドリンクのシステムについて。これは自分も疑問に思ってたことでもあるので食い入るように読んでしまった。今度これについても書きたいと思う。

e0108705_18543989.jpg

怒濤のパンク合戦にてレポートは再現不可。Qurageの出番はトリ前。じっくり聴いてくれる人が多くて嬉しかった。アルバム中心のセットリスト。終わったあとトイダブシステムについて興味を持ってくれる人がいっぱいいてよくわからない説明をベラベラしゃべって終了。サカイ君がdo it.のスタッフをして参加してくれなかったら呼んでもらえる機会もなかったと思う。本当に感謝。そんでもって水戸じゃ誰よりもパンクで熱い男であることを正銘してくれた。ボーカルやってドラムやって企画やってバンドを目の前で盛り上げて、サカイ君が一番楽しんでた。こうやって縁あってジャンル違いのハードコアのイベントに呼んでもらったりするのは嬉しいな。

e0108705_19224892.jpg

サカイ君が来場者に配布していたファンジン(出演者紹介)も面白かった。今回も色んなもんを吸収して帰ってこれた(ラーメン含)水戸はcirceの地元だし、サカイ君もいるし、また行ける機会があると思うので、また遊びにきてくださいネ。

e0108705_19325853.jpg

一番笑ったのは、メールで鈴木君の話が頻繁に出てたから別れ際に「そういえば鈴木君も会いたがってたよ〜!」って言ったら「いや〜実は鈴木さんとはそんなにしゃべったことないんすよね〜!あははは!」ってことでした。そんな鈴木君のスナップ写真でサヨウナラ!
by mori-koji | 2010-03-15 19:35 | QURAGE関連記事

[日記] 水戸土産はこれ

e0108705_8333694.jpg

by mori-koji | 2010-03-15 08:34 | mokko日記

[Qurage] ホワイトデイは水戸90east

e0108705_12344852.jpg

二十歳の時の写真を使ってみました。「俺クラッシュ!」から「僕フィッシュマンズ!」へ移行したころです。恥ずかしいです。

▼山形のロックフェス『do it.』でのボランティアスタッフとして参加してくれた水戸のパンクス、サカイコウスケ君の企画で演奏させてもらいます。こうやって山形で知り合って地元の企画に呼んでくれるのって本当に嬉しいです。しかし凄い企画だな〜。個人的にオープングアクトの「女子高校生××××バンド 」ってのが気になります、凄く。水戸はヤンキーが多いそうですが本当ですか?circeとライトハウスでしかやったことがないので楽しみです。お近くの方は是非あそびにきてくださいー

3/14@水戸90east
サカイコウスケ企画ライヴイベント
『I am boring!!』

OPEN 17:00 / START 17:30
前売¥1300(D別) / 当日¥1500(D別)

☆女子高校生××××バンド (オープニングアクト)
☆Fuckin stereo(local)
☆ギッチュマン (local)
☆TRANSISTORS(local)
☆sting (local)
☆Qurage(山形)
☆DAMMIT HONEY (東京)
☆No No No (local)
☆SUIM++(読み聞かせ)
☆SOUND OF CAR (東京)

※当日はこの企画のファンジン音源つきの配布があります
(ホワイトデープレゼント)

総合インフォ サカイコウスケ
kousukesakai[at]softbank.ne.jp
by mori-koji | 2010-03-13 12:35 | QURAGE関連記事

[Qurage] 北海道ツアー終了 <旭川モスキート"打ち上げ"編>

モスキートでやった打ち上げの写真がない。きっと夢中だったんだな、ジンギスカンに!
e0108705_1061573.jpg

凄くいいイベントだった。野村君、大西さんに大感謝。そしてライブよりも長い(?)打ち上げの始まりってことで鉄板が用意され続々とジンギスカンが!そういえば野村君に「森君ジンギスカン食べたい?」って聞かれたな。二つ返事で「食べたい!」って答えた。モスキートはジンギスカン屋っていう噂もあるくらい定番らしい。確かに大西さんとスタッフの手際が良過ぎる。テーブル3つくらいに別れて打ち上げ開始。なぜかスタッフさんにテキーラのショットを渡され一気に流し込む。もう飲む前からできあがっててなんだかよくわからなかった。とにかく気持ちよくて終始寝てしまいそうだった。ジンギスカンがめちゃくちゃうまくてびっくりした。北海道はうまいものも多いってよりは好物が多くて好きだな。違うテーブルでは『鮭のチャンチャン焼き』があって移動しては食べて移動しては食べてと限りなくイヤシかった。酒もまわり腹もいっぱいであとは寝るだけだーと沈みかけたところ野村君の妹が迎えにきてくれた。ナイスタイミング。大西さんに日本語っぽい言葉で感謝を伝えバイバイ。また絶対行きたいなーモスキート。またジンギスカン食べたい!色んな出逢いもあり、nano distroや現代ってバンドをやっているナツさんとも仲良くなってbirthと北海道ツアー(何も決まってないけどコータ行こうぜい!)したいとかで盛り上がった。でもやっぱり門脇将軍(WEF)の話が途切れる事無く改めてリスペクト。もっと色んな人と沢山しゃべったのに全然覚えてない!

野村君家の犬(ハッピー)が糞可愛いんだよまた。わしゅわしゃわしゃ〜ってやってたら「ハッピー臭いから気をつけて!」って言われたのが面白かった。
e0108705_10252469.jpg


なんか中途半端な終わり方になってしまいそうだ。最後の日、アメリカンなサプライズを頂戴することに。なんとね、ギターもらいましたっす。黄色の可愛いエレキギターなんだけど音もチープで凄い好き。部屋でピロンピロン弾いてたら「似合うからあげるよ!」って僕にとっちゃアメリカンドリームですよそれは。本当に欲しかったので100%中の100%(by トグロ)でいただきました。本当にありがとう〜。
e0108705_1030297.jpg


北海道、本当に楽しかった。やっぱ自分で東北ツアーを組んでもそうなんだけどその土地を満足してもらうのってなかなか難しい。こんなにも楽しいツアーを組んでもらったからには次回来山するときまで僕も精進せねば。やっぱり会話の中のほうが断然インスピレーションを感じるしアイデアも沸いてくる。日本の最北で一番感じたことは音楽に対しての取り組みは土地それぞれ違ってるけど価値観ってのはどこいっても変わらないということ。こうやってツアーできる環境にいる間は色んなものを吸収してゾンフォーに生かしたい。北海道ではまさにこれからインディーで生き抜く為のヒントをもらったんで行動に繋げていきたいと思います。
by mori-koji | 2010-03-13 10:40 | QURAGE関連記事

[日記] Domino × ユニクロ

ぬおー!遂に買ってしまった。。。ドミノTシャツ
Dominoの詳細はこちらでhttp://www.dominorecordco.com/
e0108705_2019360.jpg


ついでに500円だったから魔界村Tシャツも!
e0108705_20203565.jpg

by mori-koji | 2010-03-12 20:24 | mokko日記

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る
通知を受け取る

▼TOP