<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

[Qurage] 北海道腐乱発酵旅行編 2010

e0108705_10313880.jpg

QURAGE / 北海道腐乱発酵旅行編 2010
supported by Half Yogurt

▼2/25(Thu) 札幌spirituallounge
『in the air』

OPEN 18:00 START 18:30
ADV ¥1,000 DOOR ¥1,500

Act : QURAGE / 野村和孝(ex.PWRFL POWER) / cap lori(USA)
Volcano Kekava / T2NK / ジョンレノンVS火星人 / むラ

*別途1ドリンクオーダー¥500
*LAWSON TICKERT L-11439(1/10発売)


▼2/27(sat)旭川 club Mosquito

OPEN 18:00 START 18:30
ADV ¥1,500 DOOR ¥1,800

Act : QURAGE / 野村和孝(ex.PWRFL POWER) / cap lori(USA)
Alvan She's Coming / Rainy Day and more...

予約=0166-24-8899

http://www.zombie-forever.com/
by mori-koji | 2010-02-24 20:16 | QURAGE関連記事

[Qurage]<フライヤー完成>コウサカワタル東北ツアー2010 with Qurage

e0108705_13302676.jpg

design by tera(from circe)
実際のフライヤーはクラフト仕様になります。
山形、仙台、福島を中心に配布予定です。
フライヤー設置に協力してくださる方、募集中です。
よかったらメールください、よろしくお願い致します。

info[アットマーク]zombie-forever.com([アットマーク]を@にして送信してください)
by mori-koji | 2010-02-24 13:31 | QURAGE関連記事

[日記] 今日のニコル(2/22)

e0108705_23195818.jpg

by mori-koji | 2010-02-22 23:20 | mokko日記

[circe & Qurage] "車上荒らし盤"発売決定

e0108705_15412917.jpg

by mori-koji | 2010-02-20 15:42 | 車上荒らしの件

[Qurage] TVガイド 北海道版にインタビュー掲載

ども!TVの世界とは程遠い存在の私ですが、担当者様のご好意により『TVガイド /北海道版』のインタビューを頂戴致しました。前回の宮城/福島版と内容も違っております。それもそのはず、今月末は初の北海道ツアーですからね。そのための特集を組んでもらったのであります。幸せっていつまで続くんでしょうね!俺にはわがらねっす!恐縮極まりないっす!
e0108705_19255425.jpg

e0108705_19261229.jpg

えー肝心な発売日ですが、事後報告になってしまってすいません。実はもう世の中から消えてしまいました!読んでくれた方いらっしゃいますか?2/12までの号でした。もう最悪っすね俺。いいわけですが実家から「なんか届いてるから送ったから!」ってことで昨日届きました。。。昨年から本当にお世話になっとります担当者様。今度LIVEにも来てくれるそうなので日本酒の一升瓶をいつでも渡せるように常備必至なわけです。北海道、俄然楽しみだなー。野村君&テンちゃんとツアーまわるのも本当に楽しみ。北海道のこれ見てくれてる人いたら是非遊びにきてくださいね〜

((((( QURAGE / 北海道腐乱発酵旅行編 2010 ))))) supported by Half Yogurt

▼2/25(Thu) 札幌spirituallounge
『in the air』

OPEN 18:00 START 18:30
ADV ¥1,000 DOOR ¥1,500

Act : QURAGE / 野村和孝(ex.PWRFL POWER) / cap lori(USA)
Volcano Kekava / T2NK / ジョンレノンVS火星人 / むラ

*別途1ドリンクオーダー¥500
*LAWSON TICKERT L-11439(1/10発売)


▼2/27(sat)旭川 club Mosquito

OPEN 18:00 START 18:30
ADV ¥1,500 DOOR ¥1,800

Act : QURAGE / 野村和孝(ex.PWRFL POWER) / cap lori(USA)
Alvan She's Coming / Rainy Day and more...

予約=0166-24-8899
by mori-koji | 2010-02-17 19:44 | QURAGE関連記事

バレンタイン企画 2010『"ゾンフォー×グーミ"の盗聴レディオ』

e0108705_16502966.jpg
▼ゾンフォーとグーミによるバレンタイン企画第二弾!
その名も『ゾンフォー×グーミの盗聴レディオ』
2/7@大阪RAINDOGSからの帰り道、バレンタイン話の盗聴に成功!
ZOMBIE FOREVERのMYSPACEにUPしました。

http://www.myspace.com/zombieforeverrecordings

出演者はグーミの三人(小畑/藤井/飛田)、Qurageの森、それに加えスペシャルゲストとしてナビゲーターが乱入してきます。



▼実は昨年も同じようにグーミとバレンタイン企画をやっていたのですよ。

『ゾンフォー×グーミのバレンタインミュージック』
http://zombievo.exblog.jp/10676636/

グーミをリリースすることが決まって何か企画をしようと企んでいたところ、ちょうどよいタイミングでバレンタインデイにぶちあたったわけです。もうそれから一年ですよー。早い早い。今年もバレンタイン企画をやっちゃいましょうよと意気投合したのでやっちゃいました。しかも普通のインタビューじゃつまらんなってことでグーミには内緒で仕掛けてしまいました!2/7@大阪RAINDOGSでのレコ発の帰り道での車内、私はポケットに忍ばせたレコーダーのスイッチをさり気なくポチッと押したのであります。ナビゲーションの声が容赦なく侵入しておりますのでそちらにもご注目いただきたい。正直ここまでうまくいくとは!ぬはっ!と息を切らしながら編集後グーミにすべてを打ち明けたのです。そして名付けられた今回の題名は『盗聴レディオ』。バレンタインに盗聴を持ち込んではいけませんがこれがゾンフォーのやり方だ!ってことで許して下さい。すいませんっす。それを許してくれる寛大なグーミに最大級の感謝を!ありがとう!ありがとう!ありがとう!ってことでチェックしてみてくださいね!

▼グーミ
http://www.goomi.jp/
by mori-koji | 2010-02-15 16:54 | グーミ関連記事

[report] 2/7@大阪RAINDOGS / めが、みっつ。

あーもう。イベントから一週間も経ってしまった。

e0108705_12242099.jpg

まず、僕自身(Qurageで)大阪で演奏するのは3回目。地下一階、ムジカジャポニカ、そして今回のRAINDOGS。共通しているのはどこも雰囲気が良いこと。そしてスタッフさんが気さくで優しくテンションが高い。アウェイだけに迎えてくれるだけでも本当に嬉しい。共同主催オクタビオのスミノくんから電話で聞いていたRAINDOGSのイメージとばっちり一致。二階席があって椅子に座って眺めるスタイルがお客さんにも優しい。狭いように見えて実はしっかりキャパがある謎の空間でもある。協力してくれるタニザキさんと再会し楽屋を案内してもらったり世間話をしたり。せっかくなのでゾンフォーのイベントっぽくということで恐縮にもゾンフォーフラッグ(矢野ミチル作)をステージにでかでかとバシッと貼らせていただいた。小畑さんとも過去最高に目立ってるねとインパクトは最高だった。バンド数も多く、リハーサルを含め押せない状況からかバタバタと動き始める。

e0108705_11594084.jpg

途中グーミとお目当てのお好み焼きを食べにいくこと。確か『テコ舞』ってところ。TVでいうふわふわのもちもちって言うあれ。ってか凄い時間蒸すことに一同驚愕。本当に大丈夫なの?とプロにむかって不安を積もらしたり。結果、めちゃくちゃうまかった。ごちそうさまでした。RAINDOGSに帰ってニセウオさんと再会。キツネのマドナシさんと再会して握手したら強くて痛かった。とうとう始まるなーという感覚に。でもってやっぱり押しているためQurageのリハーサルを物凄いスピードで切り上げる。カセットMTRの音量をしっかり確かめられたんで全然OK。あとはPAさんを信用ってことで。なんとか30分押しくらいでスタッフさんとスミノくんが頑張ってくれた。

e0108705_1223610.jpg

大阪も凄く寒い。物販が外だったので震えてた。そーゆーとき無駄に薄着になりたくてロンTだけで震えてたら沢山つっこまれた。あれ、なんだろね。山形でもそうなんだけど。たぶん寒いのを実感したくて厚着しないのかも。意味不明だわ。そして凄い事実に全員失笑。QurageのCD持ってきてないわ!ってことで漫画でいうCDサイズの点が描かれた回想シーン。なんとか月夜と少年に委託させてもらっている分を持ってきてもらい助かった。レーベルオーナー失格の瞬間!オープンの時間になり続々とお客さんが入ってきた。前に見に来てくれた人を見つけて嬉しくなった。タニザキさんやオクタビオのおかげ大阪でも確実に少しづつ浸透していってるのを実感した。本当に有り難い。イベントも押しながらも無事にスタート。スミノくんは動き回ってくれていて申し訳なかった。正直もっと自分も動けたと思うし不甲斐ない気持ちでいっぱいだった。この時点で反省点が既に物凄い数に。。。数えきれない。

e0108705_12283620.jpg

一番手は『NISEUO cosmic-chang mothership progress』。ウーララで見たときよりお客さんが多いせいかRAINDOGSの雰囲気とも絶妙で楽しかった。アヴァンギャルドと思わせといてJAZZをベースに終始カリブの海賊を思わせるパフォーマンス。パフォーマンスネタ?は前と一緒ながら全然違うステージングに鳥肌。今年中に東京もしくは山形に呼ばせてもらいたい、今ゾンフォー界隈に一番見てもらいたいバンド。鈴木君とか見たらぎゃーぎゃーうるさそう。本気で好きっす。ASA-CHANGを呼んだときの話とかできて嬉しかった。もっと話したいことが沢山ある。

e0108705_12401487.jpg

二番手は『キツネの嫁入り』。実際に見るのは初めてだけど初めての感じがしないくらいの親近感(勝手な)。ジワーとこれから熱量が上がっていくのか思ったら下がったり。突然ドラムソロを要求したりマドナシさんは予想通りの面白い人。爆発力とかエモーショナルとか関係ないとこで独自のキツネ音楽ってのを築き上げてる。京都に根を張ってイベント組んで盛り上げてる姿勢を体感できて幸せだった。俺もツアーでラーメンばっか食ってますよ、と言い忘れた。

e0108705_1259650.jpg

三番手は『NOVOS NANIWANOS』。おそらくQurageだけでツアーまわってたら共演する機会はなかったかもしれない。そのぐらい自分とは遠いジャンルのバンド。これはグーミのレコ発ということで考えて組んでくれたスミノくんブッキングのおかげ。大阪とブラジルをごちゃ混ぜにしてしまった圧巻のステージにポカーンとしてしまった。カセットMTRの頭出しで楽屋にいたため全然いい写真が撮れなかった。物凄く濃いバンドでした。

e0108705_13261250.jpg

四番手は自分『Qurage』。大阪のギャラリー月夜と少年の吉田さんが写真を撮ってくれた。この日はアルバムの曲を中心。MCでは結構長々としゃべってしまったりゆったり。最後はユーミンのひこうき雲をやったんだけど歌詞カードを忘れて本番前に必死に思い出して耳コピっていう準備の悪さ。CD忘れるわ完全に抜けてる日だったな。一応これでよかれと耳コピしたけどコードがあってなくて、自信ないとこだけ超小さく弾いたりして唄いきった。時間の関係で巻き気味で終了。とてもいい雰囲気でやらせてもらって楽しかった。大阪はいつも楽しい。感謝×5億。

e0108705_134010100.jpg

五番手は共同主催の『Octavio』。バオバブの木(だよね?)を真ん中に置いてそれを囲むように円陣になって演奏するスタイル。想像以上の大地のヴァイブスがそこにあったわけで、ぐわぐわーと沸き上がってくる熱量、溢れんばかりのグルーヴ感が新鮮でした。まだまだこれから面白くなりそう。あの全員で頭ふってる時のテンション具合を続けていってほしい。今度はグーミと一緒に東京に呼びたい。あ、あとスミノ君がスミノカズキ名義でミニアルバムも出してるのでこれも必聴です(あ、あとU字工事にはもう似てなかった!)

e0108705_13565218.jpg

トリは主役の『グーミ』。待ってましたと会場も盛り上がってた。二階に行ってゆっくり見ることに。二階から見ると一階で見るより立体的で、当たり前のことも新鮮に見えた。例えば、小畑さんのバイオリンは弓を使って弾いてるんだ、とか、藤井さんはピックを振り下ろしてベースを弾いてるんだ、とか、飛ちゃんはスティックを振り下ろしてドラムを鳴らしてるんだ、とか。本当に当たり前のことも一音一音がしっかり耳に届く感じがいつもと違ってた。荒さが逆にオルタナ感を強調していて凄く良かった(完全に好みの話)。きっと大阪で出逢っていても声かけてたなって思う。そんぐらいグーミはライブが最高。一気にではなくとも、こうやって各地を地道にまわって広がっていってほしいです。あ、もちろん一気にでも全然いいんですけどね。ってことでグーミの大阪でのレコ発は大成功でした。

e0108705_1423334.jpg

忘れてはいけないのが転換中DJで盛り上げてくれたFLYASHさんとarubejioさん。画像はFAYASHさんなんですがDJ中にディジュリドゥを吹くというスタイルの持ち主。これが見事に同期していて吃驚。もっとバラバラで聴こえるものと思ってただけに凄かった。スミノくん絶賛だったので納得。またご一緒したい。ナイスコンビでした!

e0108705_14122727.jpg

んでもって最後は残ってくれたお客さん全員に『ZOMBIE BOOK〜大阪編〜』を配らせてもらった。ひとりひとりに直接お礼を言える機会もなかなかないし、話かけてくれたり凄く嬉しかった。こういった接触をできれば毎回していきたい。んーやっぱZOMBIE BOOKは毎回の如く作るべきだ。口実を作らねばね。そういった部分では最後まで残ってくれた方にプレゼントっていうスミノ君の提案は凄く良かったと思う。これから堂々とパクらせてもらうわ!

※もし『ZOMBIE BOOK〜大阪編〜』を「もらってないわ!」という方がいましたら、大変お手数をおかけしますがメールをください。よろしくお願い致します。
by mori-koji | 2010-02-15 12:25

[日記] 企画を組むということ

e0108705_17403879.jpg

2/7@大阪RAINDOGSでのグーミのレコ発イベント『めが、みっつ』無事に終了しました。ほぼすべてにおいて仕事をしてもらった共同主催のオクタビオ、スタッフとして最初から最後まで動いてくれたタニザキさん、そして足を運んでくれたお客さん、本当にありがとうございました。

昨年10月にリリースした『グーミ/めが3っつ』のレコ発ってことでグーミが大阪でライブをするのも初めて。この企画をオクタビオにお願いするまで色んなことがあって色んなこと考えた。自分の話になるけども。

Qurageの『Tokyo Long Letter』をリリースしたとき、はっきり言って全国ツアーなんて考えられなかった。知り合いは東北がほとんど、関東圏には少しだけ。関西にも親しいアーティストはいても企画をお願いできるような関係ではなかった。何より誰かが組んでくれるかもなんてことも無名に近い自分にはイチミリも想像できなかった。自分でレーベルをやって自分の作品を出すっていうのはシンプルな考えだけど中身は全然シンプルじゃない。自分で自分を売り込んで認めてもらってCDを買ってもらって次に繋げられる仕事だからだ。リリースして満足するのが目的じゃない。幸いにも周りに助けてくれる人が沢山いた。それも大袈裟にいえば絶対に裏切れないというプレッシャーが先にあった。知名度があがれば売れなくてもいいなんて甘い考えもできなかった。誰よりもかわいい自分のことだからだ。だから売り上げも知名度もどっちも欲しい。それが本当。曇らせる必要もない。そんな尖りきった頭のままCDの発売日が近づいた。飛び込みでもなんでもいいから各地をまわらなければならないと焦った。どうしてCDを出すのかっていう原点にまで戻って悩んだりした。

フリーペーパーのインタビューで話したことがあるけど俺はヤマガタのSHIFTのおかげで活動を続けることができた。色んな企画に出させてもらって対バンにも恵まれてそれで仲良くなれたバンドも多かった。自分でトクマルシューゴさんを呼んで企画することにも成功した。あとdo it.の存在は本当に大きかった。from ヤマガタと言えばdo it.という大きな看板ができていたからだ。この伝手を辿ればどうにかなるかもしれないと思い状況を変えようと勇気を出して色んなアーティストに電話をした。2つ返事でOKしてくれたバンド、企画は難しいとはっきり断ってくれたバンド、電話番号が変わってしまってたバンド、解散したバンド、色々だった。だけど本当に有り難いことに一週間後には北から南まで12ヶ所でレコ発ができることになっていた。『昆虫キッズ』との山形でのVSに始まり、鶴岡での『気狐』企画、沖縄『syo yoshihama』君の企画、京都ウーララはブッキングの人が是非と言ってくれた、そして大阪では『ishida naoki』さんと『タニザキマサヨ』さんがタッグを組んでの企画、山形に戻り『YOMOYA』とのVS、甲府では『birth』企画、柏では『aie』企画、東京では新宿で『circe』が企画を組んでくれた、神戸には宛もなく飛び込みで行った、再度大阪で吉田さんのギャラリー『月夜と少年』企画、山形に戻り酒田で『FRIDAYZ』山口君の企画、最後は仙台でゾンフォー企画というレコ発だった。共演した、どこかを経由して知り合った、気になっていた、呼びたかった、そんな少しの会話やメールも奇跡的に繋げることができた。HPにツアーの詳細をあげたらメールをくれた人もいた。お先真っ暗だったけど諦めなくてよかった。自然と涙が出たのは初めてだった。顔は笑ってるんだけど止まらないってやつ。ここで初めてCDを出してよかったと思えた。誰かに間違ってないと言ってもらいたかったし、そう自分で思いたかった。

間違いないのは、そこで関わってくれた皆と今でもずっと交流を持ってるってことで、大好きでしょうがないってこと。だから組んでもらったら可能な限りゾンフォーでも組む、協力する、そのスタンスはとても日本人的かもしれないけどshiftやwhat ever filmから教わってきたひとつだった。それを自然に、無理矢理にでもやるようになってることに気付いた。Qurageのレコ発は各地で大盛況。もちろんQurage効果ではなくすべては主催と企画のおかげ。多くの人が企画を組むのは自分たちの為になるからと言ってくれて組んでくれた。直接まわって色んな人に勉強させてもらった。だからゾンフォーをやってきて無駄な企画なんて一本もなかったと胸を張って言えるのが嬉しい(赤字が多いけどね!)

長々と自分のことばかり話してしまったけど、試行錯誤してきてそこから思いついたのが各地のバンド/オーガナイザーさんとの共同企画という試み。グーミは都内では人気があるけど外に出たらほとんど無名。だからこそどうやったら初めての土地でアピールできるかっていうのが難しいところ。その最初の難題を大阪のオクタビオにお願いしたのだった。

これから出掛けるので続くってことで。また。
by mori-koji | 2010-02-10 19:02 | mokko日記

[日記] 今日はダニエルジョンストン

2/7@大阪RAINDOGSのレポートの前に、今日は大好きなダニエルジョンストンを観に行きます。



by mori-koji | 2010-02-09 12:23 | mokko日記

[NEWS]『ZOMBIE BOOK 〜大阪編〜』完成!

e0108705_091484.jpg

e0108705_094169.jpg

e0108705_014262.jpg

e0108705_010449.jpg

e0108705_0102994.jpg


▼2月7日(日)@梅田RAINDOGS

Octavio×ZOMBIE FOREVER
『めが、みっつ。』
「グーミ/めが3っつ」レコ発in大阪

OPEN 17:30 START 18:00
前売 / 2000円 当日 /2300円(1drink別)
【最後まで残ってくれた方全員に『ZOMBIE BOOK〜大阪編〜』をプレゼント!】

【LIVE】
●goomi(千葉)
●Qurage(山形)
●キツネの嫁入り(京都)
●Octavio
●NISEUO cosmic-chang mothership progress
●NOVOS NANIWANOS
【DJ】
●FLYASH
●arubejio
by mori-koji | 2010-02-06 00:10

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る
通知を受け取る

▼TOP