カテゴリ:QURAGE関連記事( 209 )

【report】12/11@酒田hope『QURAGE & 長谷川健一 酒田ツアー』〜ラーメン編〜

なるべく早めに記録をってことで酒田のレポ。全部私情でわれっす。

3月、震災で長谷川健一さん来山公演を開催することができなかった。それで悶々としてるうちに新潟に来るので山形行けたらとハセケンさんから連絡をいただき二つ返事で是非是非と返信させてもらったもののどこでやっぺっていう基本的なところからスタート。正直その時期は企画をやれるだけのキャパシティが自分になくて協力者を求めた。酒田はハセケンさんのおじさんのルーツでもあると聞いていたのでこれは!と早速hopeに連絡。すぐにケンタ君からヤリマショウの一言。その男気溢れるハーコースタイルに感動した。hopeとゾンフォーの合同企画と打ってくれていたが事実上hope企画。若い子達にも見てもらいたいと提案してくれて1,000円のチャージで了解。安過ぎて失礼にならないかと気遣ってくれたり、それよりも沢山人を呼びたいと熱心に打ち明けてくれたり、そーゆーやりとりをフラットにできる人間がケンタ君であってhopeであるから企画したいと思ったのだ。山形のイベントは正直その日OPENするまでどのくらい来てくれるのか把握できないことが多い。ドキドキが止まらねーわけでFRIDAYZ山口と合流(毎度)。そして一言「きょう沢山来てくれるみたいですよ!」と分厚い唇(グロス付)が神に見えた。そんなことも忘れ山口を一蹴したあとハセケンさんを酒田駅周辺でキャッチ。凄く寒そうだった。酒田に3年いた自分としては山形市より酒田のほうが余裕で寒いと思った。なにより海っぱちだから風がパねー。久しぶりの再会を果たし山口オススメのラーメン屋へ。カーブを曲がる度に山口の頭に荷物が落ちるという定番のギャグも確立。

e0108705_9334455.jpg

花鳥風月というラーメン屋で酒田では密かな有名店らしく行列ができていた。「酒田のラーメンはあっさりなんでまじうめっす!」とハセケンさんに地元をアピールしまくるグロス。思えばコウサカワタルさんのツアーのときもそうだった。あいつにアウェーはあるのか。グロスがすいませんと毎回弁解する俺。そんな感じで食べたラーメンは魚ダシのあっさり風味で超うまかった。酒飲んだ次の日とか最高だろーなーと思う。

e0108705_1003235.jpg

んで、びっくりしたのがお冷に入れる用のジャスミン汁?があること。恐る恐る入れてみると想像以上に飲みやすいジャスミンティーが完成。これは初めてみたなー。得意気なグロスにイラッとしながら完食。花鳥風月オススメです。是非。

(続)
by mori-koji | 2011-12-15 10:12 | QURAGE関連記事

【report】天辺から爪先まで10@南堀江knave 後編

そしてsweet musicの山田さん登場。京都大会で打ってくれた企画以来の再会。凄いタイミングで山田さんの口からもodd eyesの話になり原田君を紹介。この展開はびっくりしたな。今回も低いトーンの山田節炸裂でやっぱ最高だなー。愛媛からゾンフォーマツリ静岡で会ったばかりのミヤザキさんも来てくれて嬉しい再会目白押しで開場。foodで出演の"干すひと"さんの鶏飯も行列。

開演。KAMAMOTOMIKAさんのゆったりした雰囲気とは真逆の我が胃袋は「食いたい」の一点張りでfoodを凝視。そしてタイ風をチョイスして完食。いやーこんなの作ってみたいね。本当うまかったー。レシピなどもここに載ってますのでチェック。ゆったりした雰囲気のままハセケンさんへ。

とにかくCD聴き過ぎてるせいで歌詞も暗記OK。発狂しそうなほど楽しみにしていた。そして唄いだすとノックアウトですわこれ。CDもすこぶる最高なのに生は一段と格別。あの気持ちいい低域はハセケンさんのものだなー。俺の耳から脳へは何も邪魔するものなく入ってくる。高揚したまま楽屋で待機。CDを聴いてファンになっていつか一緒にやれたらと思ってた人の次にステージに立つのはゲロもんだったけど酒のおかげかわくわくした。

e0108705_10301746.jpg

Qurageの番になり演奏する曲も決まり(遅)ステージへ。クロアチア料理と芋煮キティのMCがウケてよかった。大阪はあったかいなー。大好きだ。セットリストは、、、もはや記憶の底だが。

1,葉脈(新曲)
2,ふらん、ふわん(SAKANOBORU/ 森の中の優しい鬼forever)
3,OKINAWA(新曲)
4,さがみはら(TOKYO LONG LETTER)
5,私たちの幽霊(ZOMBIE BOOK2010)
6,3.11(新曲)

たぶんこんな感じ。楽しくできました。アルバムやGOODSも沢山買ってもらえて嬉しかったです。ありがとうございました。

e0108705_10205270.jpg

そして待ってましたのレコ発グーミ。もはや鉄板の如し繰り広げられる鍛えられたアルバムの曲達。きっと初めて聴く人でも3人のコンビネーションにびっくりするはず。どんどん余裕も見えてきて曲達もツアーで育ってきている感バリバリ。大阪もぶちかましてくれた。おつかれさま〜。アルバムもバシッと売れたようで何より。グーミのLIVE、たくさんの人に見てもらいたいです。

e0108705_10295545.jpg

やっぱLIVE会場とかで直接CD渡せたり話をするのって一番だな。いくら前に行ったツアーだって顔しっかり覚えてますし(マジです)再会できるのって最高に嬉しいことだ。1年後でも5年後でも10年後でも久しぶりって再会できたんなら音楽やってて良かったと思える。何十年後でもいいのでまた会いましょう。

その後、グーミとろびさんと共に宿へ。コンビニのボジョレヌーボーを解禁して就寝。

なんとなく芋煮の写真載せときます。意味はなし!
e0108705_10353437.jpg

by mori-koji | 2011-11-28 10:36 | QURAGE関連記事

【report】天辺から爪先まで10@南堀江knave 前編

e0108705_035255.jpg

Qurageとしては1年半ぶりの大阪。いやいや全くそんな気はないんだけど。有り難くも関西は沢山誘ってもらってたけど全然あわず、いつの間にか空いてしまった事実にクリビツ。自信を持ってクリビツ!だからスケジュールがハマったときは嬉しかったな。今回もろびさんのお世話になり。グーミとレコ発で一緒ってが嬉しい。そして敬愛しておりますSSW長谷川健一さんとも共演。流石ろびさん。感謝は続く。

移動は車ではなく久々に夜行バス。横浜までギター(ハードケース激重)と物販(激重)持っていくと早く着き過ぎてしまいコンビニでとりあえず漫画買って読む。なぜここでカイジ。順調に時間は過ぎバスの中へ。カイジがいい調子でギラツイテル場面。重要なページを開いたと同時に照明が消える。わかってるね運転手さん。それはそうと夜行バスって安いよね。今回少しだけ高い便所付きのいいタイプに乗ったんだけど便所行かなかったわ。そういうもんだよね。

大阪には朝6時に着いたぐらいにして何しよって。満喫しかねーなってことで駅近に潜伏。レインボウの最後のほうを読む。あんちゃん。。。と思いつつネットしたりダラダラする。なんか久しぶりの大阪なのに10時過ぎまでこの感じ本当意味ない。糞!と思いつつ事前に調べてきたボアダムスのヨシミのブランドが売ってる店を再確認し四ツ橋へ。

そのnanariというセレクトショップを発見しバッグを購入。ショップカードが手作りで最高。裏にボールペンで店の住所書いてあったし。大阪の店員さんは喋りやすくていい。
e0108705_0412314.jpg

e0108705_0401247.jpg

e0108705_0432336.jpg


大満足したところで酒でも飲むかと独り意気込んで昼から飲んで食えるところを探す。そしたら美味そうなメニューの書かれた看板を発見。よく見たらこのビルの下ではないかい!ということで前情報もなく吸い込まれるように店内へ。

まあ、そしたらアレっすよ。いやレアってやつです。クロアチア料理の店だったんですよ。まさかっすよね。入った瞬間は「ナシゴレンでも食うか!」くらいの感じだったのに異国に気付いた瞬間「違う」とツイート。俺のツアーには良くあることなので(男は冒険)無意味なドヤ顔で隅っこの椅子に座る。キサクで優しい声のマスターにメニューをもらうと一言「クロアチア料理の店って日本に2つだけなんですよ〜」とのこと。いきなり50%達成っていう。んでマスターさんがかなりいい人でクロアチア愛が半端なくて「行ってみたい!」と思わされたときにはHISかと思うぐらい引き込まれたわけで。リーズナブルなランチセットを頼み、ワンツーマンで時は過ぎていくのでした。
e0108705_105591.jpg

e0108705_11954.jpg

e0108705_11249.jpg

e0108705_113588.jpg

クロアチア料理、めちゃくちゃ美味かった。もうビールすすんでワインすすんで話盛り上がるはで大満足なランチだったのだ。そのお店『MOST』って名前です。名前からしてヤバいっしょ。是非検索して行ってみてくださいね〜。超おすすめです。

e0108705_0103864.jpg

リハーサルの時間になりknaveへ。ろびさんと再会しスタッフさんに挨拶。少しするとグーミのみんな到着。knaveは初めてだけどお世話になっていた仙台ennに雰囲気が極似。親近感が沸く。リハはとてもやりやすく問題なく終了。ハセケンさんと辻堂ぶりに挨拶し色々と話す。全国各地に行く機会があると意外なところで繋がっていたりして面白い。話したいことがあり過ぎた。グーミもリハーサルを終え迷った時に見つけたというドイツパンのお店へ。流れてくる川嶋あいを聴きながらサンドイッチを待つ。待つ。ビール。待つ。そしてビールを飲む。待つ。という感じで待ちまくり食べたドイツパンは超美味かった。

本番前になるとゾンフォー山形企画の常連だった原田君が早くも来場。ジャケットを脱ぐとZOMBIE FOREVER Tシャツ2011のピンクを着てくれてるっていうナイスガイ。今京都の大学に通う彼もイベントに来てた当時は高校生だった。またこうやって関西に来ても足を運んでくれたのが嬉しかった。そして更に嬉しいのは彼は今『odd eyes』というバンドをやっていてその企画(2月26日@京都メトロ)にQurageを誘ってくれたことだった。なんだかジーンときちゃうなオジちゃんって感じになってしまうが素直に嬉しい。ありがとう原田君。odd eyesはレスザンTVのイベントに出たりと大注目のバンドなだけにかなり楽しみ。奇妙さんも出るし。2月26日、京都行きますのでよろしくです。

【続】
by mori-koji | 2011-11-28 01:28 | QURAGE関連記事

【Qurage】12/11(日)@酒田hope 『長谷川健一 初来酒!』チケット予約受付中!

e0108705_834749.jpg京都のハセケンさんを山形に呼べる機会が巡ってきたのは今年の3月のことでした。オビハチに協力してもらい詳細も決まり予約も入り始め告知もラストスパートの真っ直中、、、その後震災の為延期せざる終えない状況になりました。山形公演は延期のままですが、個人的には第二の故郷、ハセケンさんにもルーツがあるという酒田シティに来て頂けることになりました。酒田のhopeはFRIDAYZのケンタ君やその仲間達で運営している箱で話をしたらソッコウ「まかせて!」とOK出してくれました。そして若い子たちも沢山見に来て欲しいってことでチケット1,000円の提案してくれたり親身になって考えてくれてます。そんな心意気がローカルシティ酒田を支えているのだと感動してます。流石のブッキングにて開催される『長谷川健一 初来酒ツアー』是非とも足を運んで頂きたいです。よろしくお願いします!『夜明け前』マジで名曲です(▼動画参照)

▼12/11(sun) 酒田hope
長谷川健一 初来酒ツアー
open 18:30 start 19:00 ticket 1000YEN/1200YEN
長谷川健一(京都)/Qurage(山形)マルチ放電/三日月tact

【チケット予約】
『お名前/枚数/連絡先』明記で
info☆zombie-forever.com(☆を@にして送信してください)までメールください。
どしどし!

http://www.zombie-forever.com/






by mori-koji | 2011-11-27 09:08 | QURAGE関連記事

【Qurage】12/11@酒田hope『長谷川健一(京都)』初の酒田公演の告知用フライヤーをUP!

e0108705_2051141.jpg12/11(sun)
with hope#7”Qurage&長谷川健一(京都) 来酒ツアー”

Qurage(山形)
長谷川健一(京都)
マルチ放電
三日月TACT

詳細は後程!

▼Qurage
http://www.zombie-forever.com/qurage.htm
▼長谷川健一
http://hasegawa-k.net/blog/

○酒田hope
http://sakatahope.com/pc/
by mori-koji | 2011-11-19 20:55 | QURAGE関連記事

【Qurage & グーミ】11/18@南堀江knave "天爪先10 "~グーミ is on the way to Osaka~

e0108705_2123428.jpg天辺から爪先までvol.10 ~グーミ is on the way to Osaka~

2011年11月18日(金)
南堀江knave(〒550-0015 大阪市西区南堀江3丁目11-21 Tall Valley B1F)
  開場/開演18:00/19:00~
  前売/当日 2500円/3000円(1D要)

グーミ(千葉)
Qurage(山形)
KAMAMOTOMIKA
長谷川健一

DJ サカグチマナブ
FOOD 干すひと(片われ)

ご予約は
info☆zombie-forever.com(☆を@にして送信してください)
までお名前、枚数、連絡先を送ってください。
よろしくお願い致します!
by mori-koji | 2011-11-14 21:09 | QURAGE関連記事

【Qurage関連記事】今月のBRUTUSで"コウサカワタル"さんが紹介されてます!

2010年3月にQurageと共に東北ツアーをまわってくれた沖縄の『コウサカワタル』さんが今月のBRUTUSに掲載されています。今月号は「気持ちいい音楽/mellow out」ってことで民族音楽/楽器が紹介されているページにデカデカとカラー2ページでコウサカさん載ってますのでチェックしてみてください。見つけた瞬間「おー!」とローソンで大声出してしまいましたとさ。
e0108705_2351439.jpg

e0108705_23515569.jpg

by mori-koji | 2011-11-06 23:59 | QURAGE関連記事

【Qurage】エレクトリック仕様となり

例の如くぶちあけました、穴。
こっから電気通します。

///ネクスト"Q"ちゃん///

『ぼくらの文楽』
http://bokuranobungaku.com

e0108705_22551164.jpg
by mori-koji | 2011-06-18 23:05 | QURAGE関連記事

【Qurage】QURAGE!

大好きなお店H.P.DECO(http://www.hpdeco.com/)より
photo by tera(circe)

e0108705_2025691.jpg
by mori-koji | 2011-06-16 20:33 | QURAGE関連記事

【report-5/3】I AGAINST I Vol.2@山形SANDINISTA

一ヶ月以上も前の話ですが、、、TZK&ゾンフォー企画『 I AGAINST I Vol.2』ガタヤマSANDINISTAにてぶっこませて頂きましたっす。
e0108705_952471.jpg


なんつーか、こんなに人が集まるイベントは久しぶり。七尾旅人さんのオビハチワンマンもそうだったけど、会場が広いサンディなんで山形で100人もの人(人間)が集まってる場所ってのはとにかくエネルギッシュ。知らない人もバンバンいて嬉しかったし、地震後に会いたかった友達とも一気に会えたのも嬉しかった。とにかく雰囲気も良くてLIVEや空間を楽しんでくれてるのが伝わってきたし何より笑顔で溢れてたのが一番(主催者陣の汚い笑顔も+で)終わって一息ついて、凄くやってよかったと思えた。今回はTZKさん個人の企画『I AGAINST I 』の二発目ってことでゾンフォーに声をかけてくれての企画だった。TZK先生のブッキング力で、出てもらいたいバンドに100%出てもらえたイベントになって、共同主催のカラーも見事に合体させることに成功したかと。俺はとにかくaieを山形に呼びたかったし一緒に対バンしたかった。若い世代からの奇襲ってのも視野に入れつつ、レジェンドの恩恵に浸りつつ沢山のお客さんに恵まれた個人的には最強のゴールデンウィークだったわけでI AGAINST I Vol.2大盛況にて終了。

出演してくれた
aie / THE ACT WE ACT / akutagawa / Z / Qurage / nameme
本当にありがとうございます。

そして足を運んでくれた方々、本当にありがとうございます。

恒例のざっくりとした振り返り、、、

●aie
新譜を聴き込んでからのLIVEってのは鳥肌と待ってましたが超融合されてるわけで感情の波ってのはこういうことだなって思えた瞬間が沢山あった。同い年とか仲良しとか関係なく超いいバンド。アナサロとツアーしてたときよりも数倍バランスが良くなってて欲しいエモさが躊躇なく伝わってきちゃう感が素晴らしかったー。またまたゆっくり飲めなかったから、またすぐに機会を作らねばね!

●akutagawa
まずは敬礼って感じで拝む感じに近いっすもはや。上京前の山形でのラストライブが未だに蘇ってくるにも関わらずそれを越えてしまうライブを軽々とやってしまわれるアクタパイセンに涙。なんか会場全体に待ち焦がれた感が漂ってて今回もえらいことになってたな。ここだけの話、主催の三人は別々の場所でポロっとさせていただきました。ライブでやった新作が待ち遠しいっす。

●Z
ビリッと頭を毟られるようなZ音が忘れられないわけでヤラレタ。新しいドラムさんの人柄+超絶ドラミングが激的にヤバし。終始全くノレない(俺は)わけで途中から拷問かと一瞬思わせてしまう危険さが最高過ぎる。Zを見るたびにバンドや活動を長く続けることの意味を考える。とにかく格好いい。ほんとに格好いい。

●THE ACT WE ACT
TZKさんはTHE ACT WE ACTを呼ぶ為にアイアゲをやっていると豪語しているくらいジアクト大好き人間(くそ眼鏡)そして今回もまたジアクトはコンビニ内と車内でTZKさんをモッシュしたそうです(恒例)んでこの日トリを飾ってもらったジアクト。演奏中はなぜかバカだな〜と思わせない全く媚びないスタイルが数あるハードコアバンドとは一線を画していると思うわけで、いいバンドっす。物販で新譜買って車で聴いたら、なんとCDのほうがいいっていう(笑)もちろん聴きやすいって意味で。常々名古屋って不思議だなと思ってるんだけど、やっぱ謎だらけ。名古屋って外国だよ、きっと。そんで新潟で企画を打ってくれた飯濱君とも再会できてうれしかったな。彼は新潟住んでるのに名古屋のバンドにいるんだよね、おかしいよね、やっぱ。あ、最近はライブで買ったジアクトのTシャツ(なんで1000円なの)着て仕事してます。

●nameme
えーまず、ケイちゃんがアディダスのTシャツをズボンにinしてたことには触れません。トップバッターはゾンフォー鈴木がもたったドラムを努めるnameme。なんかね、対バンするたびに少しずつうまくなってる気がする。会場の空気を湿らせる才能も流石で、やっぱ山形に必要なバンドだなと不覚にも思ってしまったギグだった。Zのネモジュンさんが絶賛してくれててメンバーが一番びっくりしてたけど。namemeって名前出しただけでパンツ一丁になれる人を増やしたいそうなのでこれからの活動(人間活動含め)に注目してくださいまし。

●Qurage
弾いた瞬間これだっと思ったギターはたったの1万円だった。当然これだって思ったギターがこれからの相棒。これからよろしく頼むってことで一曲目にギターをやってサヨナラしました。聴いてくれた皆さん、ありがとうございました。

▼5/3@山形SANDINISTA

1,ギター(車上荒らし盤)
2,また、よろしくね(新曲)
3,OKINAWA(新曲)
4,さがみはら(Tokyo Long Letter)
5,私たちの幽霊(ZOMBIE BOOK 2010)
6,昆虫(SUPER II)
7,3/11(新曲)

*******************************************

そしてQちゃんの次のライブは9月!
『ぼくらの文楽』に出演させてもらいます。

スペシャルな編成で挑みますので見にきて下さい。

『ぼくらの文楽』
2011年9月17日(土)、9月18日(日)OPEN 10:00
会場:山形県 長井市 古代の丘縄文村

キセル/Qurage/栗コーダーカルテット/コトリンゴ/タテタカコ/たむらぱん/DE DE MOUSE
トクマルシューゴ/七尾旅人/Pink Freud/Laika Came Back/Little Creatures/レキシ and more...

詳しくはこちらで
http://bokuranobungaku.com

*******************************************

http://www.zombie-forever.com/
by mori-koji | 2011-06-11 11:01 | QURAGE関連記事

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る
通知を受け取る

▼TOP