【すーさん日記】6月

6月1日
あのメンズノンノよりの取材があり、とうとうファッション誌にも我々ゾンフォーの名が刻まれる事になる。ファッションとは無縁の浮浪生活の私にとっては複雑な心境だ。だが買って下さい。

6月2日
こうメディアへの露出が多いと何かの陰謀でもあるかの様な錯覚に陥る。見えない力と言うのは怖い。が、メディアの多様化や拡大化が進む現在、我々は逆行し、カセットと言う道を選び、そして告知媒体すらも捨てると言う横暴が少なからずあったからこそ、そう思うのかもしれないし、こう汎用性の高い動きが可能なのかもしれない。風向きはやや斜め後ろから吹いている。

6月3日
夜勤から帰って来て、僕のガーデニングスペースのバジルのプランターに異変が。なんか端っこがもこっとしてるぞと、覗き込むとコクワガタが孵化してやがった。こんなことってあるんだと。土入れする地点で気づいておけと思ったが、こういうミラクルがあるのが園芸の面白さなのかもしれない。その他のハーブ類もすくすく育っている。

6月4日
メンズノンノの発売日は10日です。是非お近くのコンビニ、書店にて!!って思ったけど、先日のspa!も
そうだけど、僕の地元で買う為にコンビニや書店回ったけど、案外置いてなくっていろんな意味で迷走した。どちらも名前を良く聞く雑誌なのだが、意識して買おうと思った時にこうも見つからないものかと。このときばかりは、田舎の細さを呪ったよ。

6月5日
その昔、山形にはナメメって言う、正気の沙汰を逸脱した、クレイジーなバンドが居たんだ。そのバンドのフロントマンである齋藤圭佑の主催で、明日米沢でpunk o rama night vol.1が開催されるそうな。
そんでそれに僕もゲストDJとして呼ばれた訳で、約4時間ぶっ続けで、メロコアやパンクを流しまくるっていう、これまた地獄の拷問の様な、企画な訳です。僕は22時から0時までの2時間を担当する感じです。
エピタフファンには堪らない選曲を予定しております。是非お時間ある方は。

6月6日
テレィンの影響はここ山形にも。夜にはセレクターとしてイベントに参加させてもらった。集客こそは
まだまだだけど、すごいおふざけ感のある意味で考えると、新しい音楽の楽しみ方っていうのを
見いだした様な気がした。ぜひともこのイベントは続けて欲しいと思う。まだまだ良くなるはず。
イベント前には、A_R_Bのゴロー君とカセットの事で盛り上がったり、主催の斎藤圭佑とは、久しぶりに会う事となる訳で、お互いの事を色々話したりしたが、僕自身も彼自身もそんなに自分自身の事を
人に話すという事が得意では無いので、しどろもどろだった。僕も彼もそれで良い様な気がしたし、
ただひとつだけ言えるのは、僕と彼は対局な所が多々あるけど、間違いなく互いにどこか狂っている。

6月7日
すーさんガーデンは今日も良好。ここ最近僕が園芸を始めたもんだから、
親父が家の裏の小さな畑の一部分を耕耘してくれて、マルチ(黒いビニールのアレ)まで張ってくれて、
「ここに何か植えたら良いじゃん!?」とスペースを与えてくれた。そうだな。。なにか実がなるような物を植えたいなと。獅子唐でも植えようかなと思った。
先日、ゾンフォーのニューロゴが発表されて、そのゴム判を作った。(直径1.5センチ程度)
それのコウジの分も発注されてたもんで、時間を見つけて複製した。前回は15分程で出来たが、
今回は更に短い時間で出来た。着実に腕が上がっている。やはりこういう細かい作業は向いている。
ゴム判はハマるとなかなか奥が深い。これから真ロゴのグッズも色々検討している。
生産工場からの便りに期待してて欲しい。と共に従業員も募集している。茶ぐらい出すから。

6月8日
ふとネットショップをぶらり見ていて、カセットのウォークマン(プレイヤー)でも買いたいなと見ているとやはり僕が一番欲しいのはなんと言ってもSHOCKWAVEだ。ほんとコレ一択。結構カラーリングも
いろんな種類が出ていたみたい。昔持っていたのは、青の迷彩っぽいヤツ。実は結構レアカラーみたい
だったのかな。。。あの重量感と重低音、そして重厚感。誰か持っていたらご一報下さい。

6月9日
職場の「あたし結婚、出産前はフェスとかライブとかメッチャいってたのよ」と豪語する先輩が仕事中の
日誌付けの最中に、「お!鈴木君、今日ロックの日だよ。」とあらん事か、指摘される。
自分マダマダっす。もちろん僕の返しは、「自分ポップなんで。。。」
別段なにがどうって事ではないが、ちょっと悔しかった。

6月10日
じゃあ今日は無糖の日だなと思いを馳せながら、天然水サイダー1.5リットルを買って来てやった。
悔しさを引きづりつつ当てつけで。

6月11日
上山市で開催されるフェスのお手伝い、デザイン作業もケツを叩かれ大忙しだ。我々デザイン部隊は
皆若い女の子達で、やはり30も過ぎた僕の様な人間とは価値観というかセンスが違っている所が
交錯してデザインをしていると面白い。紛いなりにも僕も元々はそういうデザインという分野の仕事を
していただけ合って、そのスキルを彼女達に伝達しながらひとつのものを作り上げて行くという作業をしている。こういうの面白い。

6月12日
メンズノンノは皆さん手に入れてくれただろうか。僕らが一番驚いたのは、付録のバッグだ。
完全にレジャーシートだと思っていた森と、保冷バッグ的なアレかなと思っていた僕にと、
勝手にハードル上げて大変失礼しましたと。雑誌からも沢山の情報をすくい取れるという事が、
ここ最近身にしみて感じている。

6月13日
先日のロックの日の件でアレコレあった同僚と夜勤。メンズノンノの件を話すと、食いついてくれた。
実際僕の名前が記事に載っている訳でもないので、記事を見せられた所でそれが何なのかどれほど
理解してくれたか解らないが、職場に少しでも理解者が居るというのは心強いと思った。

6月14日
プチ通販業務をこなす。ゾンフォーアイテムのほとんどの在庫が僕の所にある訳で、まさか山形から発送されているとはゾンフォーファンの皆さんは思ってみないだろう。そう、ここ山形から全身全霊を持ってして満身創痍で発送しております。

6月15日
部屋の掃除を始める。バケツに水を張り、結構ガチな感じで取り組む。
音楽も無しにただひたすらと。こういう休日も充実している。

6月16日
ゴム判には前からハマっていて、ゾンフォーからリリースさせてもらった岡さんの付属CD-Rに押されている月のモチーフも僕が岡さんのイラストをトレースしてゴム判をこしらえたものだ。今回ゾンフォーロゴを一新した事により、カセットのラベルに押せるゴム判をとの依頼で超マイクロサイズのゴム判を作ったところで、逆に大きめのものも今作っている。若干極めた感がある。あたいコツなんか掴んじゃったわ。

6月17日
私の職場の同僚は絶賛AIRJAM世代。僕らもそこを擦ってきている。昔懐かしい映像なんかを引っ張りだしては部屋の片付けをしながら視聴したりをしていると、なんだかバンドなんてのをまた始めたくなったりもする。しないけど。

6月18日
最近は地元の山形県は長井市と言う所から出る事がめっきり減ってしまい、久々に遠出なんかすると街の移り変わりにすら驚いてしまっている。20代なんかの時には何の用事も無いのに無意味に出歩いていたのに今となっては、、、と自分でも驚いている。音楽で繋がった人はこれまで沢山いるけど、山形シティーの友達とすら中々会う機会も少なくなっている。生活範囲そのものが狭くなったのかもしれないが、案外そういうのも悪くない。
同僚がギターをまた始めようかなというので、ギターを貸すことになって弦を張り替えた。弦交換なんていつぶりだろうかとちょっといつもより丁寧にやってみた。

6月19日
部屋の片付けはまだ終わらない。断捨離も多分レベルがあると思うんだけど、僕なんかはまだスライムすらも倒せない程度のレベルなんだろう。こまった。

6月20日
ちょうど一ヶ月後のゾンフォー企画のフライヤーが本日私の手元に届く予定。今回はインパクト重視の仕様なので是非手に取ってみてもらい、額にでも入れて飾って欲しい。あわよくばオビハチに来て欲しい。今回はお得な団体割引も実施しているので是非に。

6月21日
鬼の様な4連勤&夜勤の幕があける。前の仕事だと月曜から土曜の6日間8: 00〜18:00働いていたというのに、やはり職種が変わるとメンタリティーが変わってくるのでこの絶望感と疲労感は否めないのだ。

6月22日
日曜日だというのに絶賛仕事。しかも人手足りず。家に帰ってからはフェスの準備とギターの調整。

6月23日
職場の同僚の男性スタッフが4月から1人増えて現在5人居る。下は29歳、上は35歳と年も結構近くてしかもそれなりに話題も尽きず良い団結力を示している。コンスタントに男性の居る状態を作り上げる為に我々は同じ日に勤務が重なるという事が少ない。あっても2人だけとかだ。ましてやこの5人が揃うなんて事は万に一つもない。そんなこんなで飲み会を設定するも大体誰かがその日夜勤をしていたりするので、この飲み会の企画が4月から組まれて、やっと本日実現が可能となった。ちょっとだけ、自分のライブの日のような高揚感すら憶えたくらいだ。結局話題は女性の多い職場でのこの男性としての立ち振る舞い方っていう方向に自然となり、果てはトイレの音姫の使い方まで、男性の気配りや努力話になった訳だ。今まで音楽関係の人と飲むと話題は結局音楽の話になる様に、同じ穴のムジナという事だ。

6月24日
職場の行事の一貫で、長井市が誇る三大祭りの一つ『あやめまつり』へと足を運ぶ。テツ○トモと遭遇。前日の飲み会の尾が引いて、こっちはそれどころじゃない。

6月25日
予々、印刷業者は安く収まる所を探している。業者だってバカじゃない。価格競争の対策はしている。結果どんぐりの背比べになるけど、どんな世界にもはみ出しものみたいなのはいる。糞安い業者見つけたよ。
by mori-koji | 2014-06-20 14:37 | すーさん日記

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

▼TOP