【ピンポンDJ】TZK(from YAMAGATA) vs 森幸司(ZOMBIE FOREVER)

e0108705_23184634.jpg
いつものようにインターFMのバラカンモーニングを聴きながら出勤していたところピーターバラカンさんが面白い話をしていました。鷲巣功さんと一緒に下北沢でDJをしてきました、と。で、その内容というのがこの企画のモデルとなった『ピンポンDJ』というもの。ピーターさんがかけた曲に対して卓球のラリーのように鷲巣さんが曲を返す、という簡単なものだそうです。おそらく、その曲から連想されるものをチョイスしているのだろうと思います。ピーターさんがラジオでボソッと「鷲巣さんがとんでもない曲ばかりかけてきて困った」とぼやいており「これは面白い、やってみたい」と思ったのがきっかけです。どういう意図で原型ができたかは不明ですがゾンフォーなりの解釈で勝手にやってみたいと思います。これをシリーズ化して実際やりとりした曲達を形にしてゾンフォーレディオでプレゼントしたいと思っています。毎回ゲストを呼んでその人のルーツを探ったり、知らないアーティスト/曲を知るきっかけにでもなればと思います。日々の活力、そしてDIGの参考に。随時更新していきます。ロゴデザインは秋田出身山形在住の『かまたえり』さんです。

e0108705_031178.jpg
さて、始まりました、始めてみます『ピンポンDJ』。最初のゲストは山形が誇るゲスの極み(not乙女)『TZK』こと手塚パイセンです。Qurageの『ラブレター』『東京ソニックユース』のPVを担当して下さるなど、顔に似合わず映像知識には長けておりゾンフォーの裏番的存在。そんな彼のルーツを嫌々ながら探ってみたいと思います。

■森
「ではTZKの"か"の付くアーティストから始めましょう、よろしくお願いします。」
■TZK=♪川本真琴/桜(single CD)
「川本真琴、かわいいよね(重要) 高校の頃、初恋の人が川本真琴に似てたんだよな~。あらためて聞くと、ほんとメロが秀逸。そして、かわいい(これがマジで重要)」
e0108705_0142526.jpg
■森=♪山嵐/wide vision(7inch)
「桜と言えば春、春と言えば旅立ちの季節。開けた世界へ羽ばたきましょうってことで山嵐のwide visionにします。高校のときめちゃくちゃ聴きましたよ、山嵐。なんと言っても生楽器ですからね彼ら。The Rootsか山嵐かって感じで。ちなみにコレ、山形のミュージック昭和で100円でした。」
e0108705_04197.jpg
■TZK=♪NAS/world is yours(CD)
「山嵐とかラップが入ってるミクスチャー聞くと、本物のヒップホップが聴きたくなるので。ちなみに、NASのアルバムはTSUTAYAの中古コーナーで500円でした。歌詞カードが最初から真っ二つになっていたのが、少しだけ悲しかったです。」
e0108705_0493351.jpg
■森=♪THA BLUE HEAB/PRAYERS(DVD)
「yoursといえば"あなたがた"。少し高めのステージ上からお客さんへ敬意を込めて、一度のLIVEでその言葉を何度も使っているのがTHA BLUE HERB。震災から二年後のCAN'T STOP TALKING TOURをおさめたDVDに収録されている『PRAYERS』は胸打つ一曲。"そっから見据える未来は がっつり光り輝いてんじゃねえの"」
e0108705_2215354.jpg
■TZK=♪長谷川健一/夜明け前(CD)
「prayers=祈りってことで、ハセケンさんの歌にはいつも神々しさをどこか感じていて、神様というフレーズが何度も出ることもあって、パッと思いついたのがこの曲です。そして人柄はというと、意外にもラーメン通であり、どこか素朴さも併せ持つ非常に魅力的な歌い手です。」
e0108705_2241797.jpg
■森=♪Feist/Mushaboom(10inch)
「自分だけかもわかりませんがハセケンさんの声と同じ音波を放ってる外人さんと言えばファイスト。ipod nanoの1,2,3,4〜という曲聴いたことありますよね?あの人です。ハセケンさん同様たまらない声してます。」
e0108705_22174281.jpg
■TZK=♪竹村延和/lost treasure_4th version(CD)
「たまらない声ってことで、なーんか癖になるのがこの曲。バリッと加工されてますが、それがたまらんのよね。雨が降っている日にしんみり聴きたい。」
e0108705_19182967.jpg
■森=♪THE RAINCOATS/MOVING(LP)
「雨の日って言ったらレインコーツです。元祖ガールズ・ポストパンク・バンドつって聴いてもテンションあがりきらなくてソファで寛いでしまう偽ライオットとは私のことです。スリッツ然り、そのへんにいる女の子が突然ドカドカやっちゃう感じはいつの時代も100倍増しでグッときちゃいますね。」
e0108705_8481072.jpg
■TZK=♪Z/NEWわけを煮る(LP)
「とりあえず最高。女子がドカドカやってる系ってことで、パッと思いついたのがこの曲。ゲストコーラスで参加しているカヨさんが、凄いハマってるんですよね~。とにかく、最高。ここまでいろいろな音楽の影響を感じさせつつ、オリジナルに消化しているバンドって中々いなかったので、未だに解散が惜しまれるバンドのひとつ。絶塔とのタイトルのごとく、本当に最高。」
e0108705_1022160.jpg
■森=♪ANDY WILLIAMS/ゴッドファーザーの愛のテーマ(7inch)
「絶塔いわば孤高の存在なのは爺さんでしょう。うちの爺さんは僕が小学生のときに亡くなったんですが優しいけど無口で何考えるかさっぱりわからなくて蜂とか手でビンタしたりして追っ払ったりしてて。そういうの見て恐え〜強え〜とか思ってびびってました。大人になってゴッドファーザーのテーマを聴くと爺さんを思い出します。ちなみに映画はまだ観たことないです。」
e0108705_1013455.jpg
■TZK=♪what ever film/ヨウイン(CD)
「知り合いにゴッドファーザーはおりませんが、山形には将軍様がおります。目が合うたびに肩パン、もしくは「はぁ?○○よw」など、暴虐の限りを尽くす門脇将軍が率いる、WEFの1stアルバム。たぶんですけど、サビで「what's a party?」と言ってますけど、巷のパーレー感はもちろん皆無。この曲を聞くたび、私の左肩は痛み出す。そんな一曲。」
e0108705_215496.jpg
■森=♪ヌンチャク/人情ヴァイオレンス(LP)
「いえいえ将軍様は優しゅうございますよ(TZKさん以外には)。"肩パン"という響きをそのままタイトルにしてしまいそうなバンドと言えばヌンチャクですね。もうヌンチャクのタイトル最高なんすよね。例えば"アジアの重鎮"とか"舌打ち生活"とか"サラダ君"とか天才過ぎます。しかもこのLPがユニオンで300円で売られてるっていう事実…危険過ぎます。身の危険を感じて5秒で救出しました。ちなみに"人情ヴァイオレンス"という曲の中に『なんだ匿名か…』という歌詞があります。今すぐ音楽をやめてしまいたいと本気で思ってしまうほど完璧なバランス感覚なのであります。まじで天才です。」
e0108705_22252744.jpg
連日連夜、TZK氏と熱闘を繰り広げてきたわけですがこれにて終着。このラリーされた12曲の音源は一枚にまとめてどこかのタイミングで数量限定でプレゼントさせていただきます。TZKさん、お忙しいところありがとうございました。またよろしくお願い致します。ピンポンDJ、思いつきでやってみたら色んな可能性に気付きました。ジャケそのものを写真で紹介することでDIGの参考にもなるかもしれませんし、突然ジャンルをひっくり返して幅の広さをアプールすることだって可能です。「意外とコレ持ってるの珍しいと思うんだけど誰かに紹介したい」とか思ったりしますよね。今回は川本真琴に始まりヒップホップ、ハードコア、SSWとジャンルレスな彼のルーツを知るきっかけにもなったような気がします。次の相手は誰でしょう?それでは、また。

ロゴデザイン : かまたえり
by mori-koji | 2014-05-26 22:34 | ピンポンDJ

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

▼TOP