【report】12/11@酒田hope『QURAGE & 長谷川健一 酒田ツアー』本番の前半編

遂に本番まできた。もうLIVEしてからどんだけ経ってんだずってね。

それにしても酒田は寒い。すぐ海だから風も強いし。そういえば高校のとき台風きてチャリンコと一緒に少しだけ宙に浮いたことあったな。ビッグサンダーのフワッて感じそのままに。年中坊主頭だったから余計寒かったな。あの子元気してっかなーとクソみたいな顔でセンチメンタル醸しながらスタート。

三日月TACTさん開始。こりゃ我々界隈では珍しくジャジーテイストなグッドミュージックじゃありませんかと酒田の奥深さを堪能。振れ幅広く共演できるのも地方ならではだけどケンタ氏はぶつけ方がうまいなーとつくづく。ギターのかたが某牛丼系の店長さんらしく「大盛り無料!」というヤジ(hope)が飛んでいたのが面白かった。一発目から会場あったかし!

次はZOMBIE BOOK 2010の森盤でもお馴染みでもう長い付き合いのマルチ放電。なっちゃんがおもいっきりパツキンでこのへんも突き抜けてて最高なんだけど何より似合ってるのがまた。男子校生とかにモテるだろーなーとかいうオッサン目線のウンコな俺はどーでもいーとして新曲が良すぎて感無量。ステージ脇でヘドバンしちまいましたぜ。そんな曲じゃないんだけど。マル放はタレント性もあってマニアック性もあって地方性もある貴重なバンド。やっぱゲストと一緒にツアーするときはどうしても見てもらいたいバンドなわけで今回も一緒にやれて良かった。来年はマル放マル放うるさいと思いますよ俺。

そしてヘドバンと酒でフラフラなQurage。ステージ行くとちゃんと意識戻るあたりはやっぱ緊張してる証拠だわ。ギターにエフェクトのみのシンプルな構成での弾き語り。以下セットリスト(かなりの確率で間違ってます)

Qurage-12/11@酒田hope
1,ドローイング
2,ふらん、ふわん
3,OKINAWA
4,さがみはら
5,私たちの幽霊
6,3.11
アンコール/飛行機雲(ユーミン)

こんな感じで最高にあったけーお客さんのおかげで楽しくできました。ありがとうございました。ステージ横で山口が首降ってるの見えて演奏中吹きそうになったのが心残りです。しかも一番静かな曲で。。。なんなんだアイツ。。。

そして待ち焦がれたハセケンさんの出番。


by mori-koji | 2011-12-27 01:40 | QURAGE関連記事

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る
通知を受け取る

▼TOP