【report】天辺から爪先まで10@南堀江knave 後編

そしてsweet musicの山田さん登場。京都大会で打ってくれた企画以来の再会。凄いタイミングで山田さんの口からもodd eyesの話になり原田君を紹介。この展開はびっくりしたな。今回も低いトーンの山田節炸裂でやっぱ最高だなー。愛媛からゾンフォーマツリ静岡で会ったばかりのミヤザキさんも来てくれて嬉しい再会目白押しで開場。foodで出演の"干すひと"さんの鶏飯も行列。

開演。KAMAMOTOMIKAさんのゆったりした雰囲気とは真逆の我が胃袋は「食いたい」の一点張りでfoodを凝視。そしてタイ風をチョイスして完食。いやーこんなの作ってみたいね。本当うまかったー。レシピなどもここに載ってますのでチェック。ゆったりした雰囲気のままハセケンさんへ。

とにかくCD聴き過ぎてるせいで歌詞も暗記OK。発狂しそうなほど楽しみにしていた。そして唄いだすとノックアウトですわこれ。CDもすこぶる最高なのに生は一段と格別。あの気持ちいい低域はハセケンさんのものだなー。俺の耳から脳へは何も邪魔するものなく入ってくる。高揚したまま楽屋で待機。CDを聴いてファンになっていつか一緒にやれたらと思ってた人の次にステージに立つのはゲロもんだったけど酒のおかげかわくわくした。

e0108705_10301746.jpg

Qurageの番になり演奏する曲も決まり(遅)ステージへ。クロアチア料理と芋煮キティのMCがウケてよかった。大阪はあったかいなー。大好きだ。セットリストは、、、もはや記憶の底だが。

1,葉脈(新曲)
2,ふらん、ふわん(SAKANOBORU/ 森の中の優しい鬼forever)
3,OKINAWA(新曲)
4,さがみはら(TOKYO LONG LETTER)
5,私たちの幽霊(ZOMBIE BOOK2010)
6,3.11(新曲)

たぶんこんな感じ。楽しくできました。アルバムやGOODSも沢山買ってもらえて嬉しかったです。ありがとうございました。

e0108705_10205270.jpg

そして待ってましたのレコ発グーミ。もはや鉄板の如し繰り広げられる鍛えられたアルバムの曲達。きっと初めて聴く人でも3人のコンビネーションにびっくりするはず。どんどん余裕も見えてきて曲達もツアーで育ってきている感バリバリ。大阪もぶちかましてくれた。おつかれさま〜。アルバムもバシッと売れたようで何より。グーミのLIVE、たくさんの人に見てもらいたいです。

e0108705_10295545.jpg

やっぱLIVE会場とかで直接CD渡せたり話をするのって一番だな。いくら前に行ったツアーだって顔しっかり覚えてますし(マジです)再会できるのって最高に嬉しいことだ。1年後でも5年後でも10年後でも久しぶりって再会できたんなら音楽やってて良かったと思える。何十年後でもいいのでまた会いましょう。

その後、グーミとろびさんと共に宿へ。コンビニのボジョレヌーボーを解禁して就寝。

なんとなく芋煮の写真載せときます。意味はなし!
e0108705_10353437.jpg

by mori-koji | 2011-11-28 10:36 | QURAGE関連記事

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る
通知を受け取る

▼TOP