< まとめ > circe & Qurage 関西ツアー

関西ツアーが終わり高知に着きました。いややや大変だった。四国初上陸。久しぶり(?)の関西もスペシャルに充実しておりました。オーガナイザーさんやお客さんになんとお礼を言ったらいいものか。本当にありがとうございました。
e0108705_8451436.jpg

大阪『月夜と少年』では毎度お世話になっている吉田さん夫妻が主催してくれました。共演者は大好きな「たゆたう」。初たゆたう、やばすぎたなー。巧妙で野性的。二人が早口のとこヤバかった。来年は山形にもっていう約束を交わしました。以前地下一階で企画してくれた谷崎さんも来てくれたり、アットホームな雰囲気で終えることができました。吉田さんの心意気には本気でリスペクトしてます。世界を変える存在というと少し大袈裟なのかもしれませんが、小さな取り組みのひとつが、後々意味を持つものに変わるってことを証明してくれる人だと思います。吉田さんと代官山のカフェで初めてお会いして話したときのことを思い出します。そのころから何もブレていないし、徐々に広がっています。僕らのまわりでは「月夜と少年」を経由した人は間違いない説が生まれています。これからもお世話になります。

e0108705_8575670.jpg

そして、前日に引き続き吉田さんが組んでくれた『神戸bucato cafe』。一言でいうと雰囲気凄まじくよかったです。なによりオーナーさんが気さく中の気さくで笑顔で迎えてくれました。そういうの凄く有り難いです。神戸はあまりいい思い出がないのですが、一気に好きになりました。ここぞとばかりにcirceと神戸牛バーガーを堪能。疲れていたけどうますぎて元気が出た。お店に帰るとオーナーさんがQurage Tシャツを着ていてくれた。言葉にならず、頭も上がらず。共演してくれたのはmizukiさん。声が透き通り過ぎていて、もはや天使の部類。体内から湧き出るような説得力を体感。ありがとうございました。Qurageは今年一番くらいガツンとできました。カフェではエモ過ぎるかもしれないけれどスタイルは意地でも崩さんぞよろしくスタイル。比例して体力の消耗も半端ない。今回のツアーはcirceでもサポートで参加しています。おもちゃにエフェクトかけたアンビエントを担当。つまりは『トイダブ』です。この試みもやればやるほど奥が深くて悩むこともたくさんあって面白いです。circeも集中したいいライブでした。そんでもって笑ってもらえるのが一番嬉しいことで、目の前にツボに入ったのかゲラゲラ笑ってくれる人達がいてひとり漫才をしているみたいでした。関西ってそこが好きです。2日共、実りのある時間を過ごさせてもらいました。吉田さん&bucato cafeさん、ありがとうございました。

e0108705_927169.jpg

次の日は京都へ。カフェバー大会(画像がないので野内さんと神戸タワー)。オーガナイザーは『lostage GO - 82人のテクスト 』を作ったsweet musicの山田さん。初めて会うにも関わらず31knotsのTシャツを着ててHUAUの話題を出してくれたので一気に親しくなった。知り合いも被っていて(長州君とか)繋がるものだなーとしみじみ。共演者も観たかった人達ばかり。最初は名古屋の小鳥美術館。緻密な天然って感じの女性ボーカルの方のボイスパフォーマンスが見事。そしてナイスキャラ。ギターが気持ちよすぎて一曲寝てしまいました。やっぱ名古屋もいいアーティストがいっぱいですな。そして超楽しみにしていた山内さん (climb the mind / 名古屋) 。かぶりつくように見入ってしまいました。顔、表情、言葉、MC、すべてにグッときました。やられた。TZKさんとも熱望していたclimb the mind 再来山の話もしてきました。次のDEADPHONE(大阪)さんを眺めつつ眠気がMAXに達し気持ちよくて寝てしまいました。すいません!。Qurageの番になり山内さんの影響からか極度に緊張。一曲目はほぼ震えて演奏。二曲目からは調子を取り戻し100%中の100%で演奏。この日もどっぷり体力を消耗。circeの番になり半分抜け殻で黙々とトイダブ。かなりグッとくる企画でした。打ち上げは山田さんとジャンプ話で盛り上がり再会を約束しました。山田さん、ありがとうございました。

e0108705_16261321.jpg

そして関西を締めくくるにはもってこいの京都アバンギルド。はしもとかよ嬢の企画。この日はQurageでの出演はなし。circeでのトイダブに専念。アバンギルドに入るとかなりの衝撃を受けた。廃墟!。凄くかっこいい場所です。みんな好きになるのがわかるなー。そんで早速シスターテイルのリッキーさんとノジさんに再会の挨拶。月夜と少年以来。そして大会を運営しているレイニーの方や、谷崎さんの企画で一緒だった方など知ってる人だらけ。リハーサルの前にツアー中に完成させなければならないグーミ特集のゾンビブックを仕上げる。印刷したり切ったりで飯も食わないで内職内職。嫌いじゃない。みんなにも手伝ってもらってスタート前に完成。はしもとさんの演奏が始まる。前々日に吉田さん家に一緒に泊まった風博士の曲をしていた。不思議なデジャブ感。主催していただき、本当にありがとうございました。流石に腹が減ってきたが時間がなくて腹ぺこのままステージへ。この日のトイダブはQurageをして疲れていないせいか調子よかった。いいトイさばきだったかも。終わったあとやたらと「スピーカーの後ろで何してたの?」と言われ「おもちゃを叩いてた」としか言えず、トイダブの説明に苦しんだ。今度ソロでも作ろかな。そんでレイニーの番ではっちゃかめっちゃかのグルーヴ祭で心躍らせながらシスターテイルで涙腺がゆるんで終了。ドリア(たぶん)めちゃくちゃうまかった。京都の箱って全部飯がうまいです。これ大事だなー。凄くいい企画でした。関西にはここ何年か通っているせいか友達も増えて、アウェイ感がなくなってきた。「うち泊まってくか?」って言ってくれる人がたくさんいるし、あったかくていい街です。「このご恩は必ずやー!」と車窓から絶叫するのでした。ここで初日からアバンギルドまでキルケのサポートで参加してくれていた宮本さんともさようなら。関西ツアー、たくさんの人のおかげで楽しくまわることができました。本当にありがとうございました。
by mori-koji | 2009-10-06 09:21 | QURAGE関連記事

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る
通知を受け取る

▼TOP