【Numb Turnpike】1st cassette tape『THAT JOGGER SUCKS』特設ページ

e0108705_0473925.jpg
■ABOUT『Numb Turnpike(ナムタンパイク)』
「西海岸に留学中のヨーロッパ人」をテーマに、試みと実践の道すがら。ヤーマン。
e0108705_2043639.jpg
■CREDIT
RELEASE : 2013.11.22(いい夫婦の日)
ARTIST : Numb Turnpike
TITLE : THAT JOGGER SUCKS
FORMAT : cassette
COLLECTORS EDITION : ZINE+CD-R+BADGE
CATALOG : zombie-16 / scs004
REC : 吉祥寺(M1,2) & 駒沢(M3,4)
MIX : 渋谷文太郎(M1)/近藤祥昭(M2)/軍司健太(M3,4)
MASTERING : 軍司健太
ART WORKS : 木村直大
PACKAGING : 森幸司(ZF)
PRODUCE : 森幸司(ZF)
PRESS : AD-RW900(TEAC)
PRICE : ¥1,050(tax in)
LABEL : ZOMBIE FOREVER & Scum Study Production
IMFORMATION : http://scumstudyproduction.tumblr.com

TRACK LIST :
1,Lover's Lung(TELEKOV/Numb Turnpike[CD])
2,Welcome Mood(TELEKOV/Anything But A Yuppie[CD])
3,I Can Kill The Mosquito
4,Time After Time(Cyndi Lauper_Cover)


■ZOMBIE FOREVERより
Numb Turnpike(ナムタンパイク)を紹介する上で欠かせないキーワードのひとつに米シカゴの老舗インディペンデント・レーベル『Touch and Go』がある。Big Black、Shellac、Pinback、Quasiなどが在籍しておりZF森とZF鈴木が影響を受けてきたレーベル/バンドでもある。サウンドは硬質ながら曲単位でユーモアがあり、曲げない精神、確固たる意志は恐ろしくかっこいい。ZFの拠点のひとつでもある山形という田舎にも"what ever film"という将軍門脇氏が率いるハードコアバンドを通じて我々後輩に受け継がれてきた。上京し出逢ったNumb Turnpikeの首謀者である木村直大氏の別プロジェクト『$IR, YES $IR』と『TELEKOV』はまさにTouch and Go直結だった。彼が所属しているScum Study Productionを覗いてみればDIY精神とストリートカルチャー的断片からGrandmaster Flashも頭に浮かぶ。そんな雑種な感性をオリジナルミュージックに昇華させるセンスは希有であり、日本インディーズ界の秘宝と断言できる。このテープには『TELEKOV/Numb Turnpike(CD)』から【Lover's Lung】『TELEKOV/Anything But A Yuppie(CD)』から【Welcome Mood】そしてTELEKOVからNumb Turnpikeへ改名後の新曲【I Can Kill The Mosquito】そしてCyndi Lauperの名曲【Time after Time】(Cover ver.)の全4曲が収録されている。この音源は言わば"木村直大"を知る為のウェルカムテープに過ぎない。彼が今現在、ここ日本において超重要なポジションに潜伏していることを察してほしい。

■MOVIE















by mori-koji | 2013-11-22 01:20 | Numb Tunepike関連

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る

▼TOP