[Qurage/report] 8/28@新潟音食(ねじき)

e0108705_2016484.jpg

鎌倉に続き初めての場所、新潟。やっぱ初めてのウキウキ感はたまらない。やっと来れたな〜とシャッター街を歩きながら思った。さっそく音食へ。呼んでくれた飯濱君と再会。ここだけの話、HUAUで会って覚えてた顔と違ってた!ごめん!グッバイフューマンズのリハーサルをチラ見。んで一瞬で察する、すげーいいバンドだな!と。話を聞けば一年ぶりのライブだとか(笑)一年に一回ライブするバンドって考えてみればめっちゃ貴重だよな。メンバーにJOYの竹内さんがいたりかなりスペシャル。本番が俄然楽しみになる。Qurageも軽くリハーサルをさせてもらう。音量チェックをしてると陽気なマスターが気に入ってくれてCDをフライング購入してくれるという嬉しいハプニングも。箱鳴りもよく問題なく終了。リハが終わって外をプラプラしてるとイケテル古本屋があって持ってないスタジオボイスを購入。fishmans特集とかグラフィック特集とか。寄ったのはそこだけであとは飯濱君としゃべりたかったので音食へ戻る。名古屋まで行ってやっているthe act we actの話とか山形のうんこ垂れTZKさんの話とか。この映像かっこいいッすな。↓



んでこの日のメインゲストの秋山羊子さんが音食に戻ってくるとグッバイヒューマンズのライブがスタート。冗談抜きで相当ツボった。是非とも次のコンピに参加してほしいと伝えた。音源化望ム!
e0108705_20162782.jpg

そしてQurageの出番。今回も沢山のお客さんの前で演奏させてもらえた。本当に嬉しいことだ。初めての場所でこんないいイベントに呼んでもらえるのは贅沢なことだ。だってちょっと前まで初めて行った土地でお客さん2人っていう場面もあったから。それは誰が悪いってわけでもなく自分の知名度に尽きるので認めるしかないのだが。だからこそ人がたくさんいるところでライブができるって本当に嬉しいことだと思ってる。感謝しかない。反応も沢山あってCDもバシっと買ってもらえて初の新潟公演も大成功。あとは飯濱君と飲むだけだ!と言いたいところだったが次の日が仕事だったため泣く泣く諦める。アー辛い。

そして最後は超楽しみにしていた秋山羊子さん。実は昔、HMVで働いていたころにアルバムを聴いて素晴らし過ぎて個人的にメールしたことがあった。「覚えてますか?」と聞いたら五秒後に「覚えてます」って返してくれた。昔の話なのに無理言ってすいませんでした。優しいっす。写真を撮るのも申し訳ないくらい集中した演奏。弱いタッチのピアノと細い声と強い歌詞が絶妙。とっくにファンなんだけど生秋山さんは本当にヤバかった。曲も覚えていたので鳥肌バシバシ。最高。

なんつーいい企画だよバカヤロ〜。終わって物販してもっと話をしたかったが帰ることに。またの再会を誓い新潟を脱出。また新潟でやれる日がきたら嬉しい。次の日、普通に仕事してる俺がいた。
by mori-koji | 2010-09-26 20:34 | QURAGE関連記事

ゾンフォー最前線


by mori-koji

プロフィールを見る

▼TOP